【世界にひとつのプレイブック】豪華なキャストの中でも際立つ、ジェニファー・ローレンスの存在感

「誰だって、多かれ少なかれどうかしてるんだな」と、妙な親近感を覚えてしまいました。

そうそうたる名優の、夢のような共演作。
どの登場人物に共感しても、気分爽快になる映画です。

『世界にひとつのプレイブック』は

2012年に作られた、アメリカ映画です。
監督は、デヴィッド・O・ラッセル。
出演は、ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ジャッキー・ウィーヴァー、クリス・タッカー、アヌパム・カーほか。
脚本も、デヴィッド・O・ラッセル。
音楽は、ダニー・エルフマン。
原題は『SILVER LININGS PLAYBOOK』。

パットは、ある問題を抱えていて、8ヶ月入院しています。
ある日のこと。母ドロレスが「裁判所に掛け合ったのよ」と、パットを迎えに来ました。
病院側の心配をよそに、退院手続きを済ませます。
早々にひと悶着ありますが・・・。
二人が乗る車は、NFLフィラデルフィア・イーグルスの本拠地前を通り、実家へと向かいます・・・。

序盤は、なかなかヘヴィです。

数年前になりますが、この映画を初めて観たときの事を、よく覚えています。

ハートフル・コメディだから」と言われて、「あれ? そうだったかな?」と思いつつ、観てみましたら・・・。

とても笑い事じゃない、悲痛で、ヒステリックで、ひどく気が滅入る事態が、次から次へと起こります。
そのときは、見続けられませんでした。

今回ラストまで観て、それは痛恨の極みだったと、つくづく思います

この序盤があるからこそ、心から共感できますし、思うさま爽快さを感じられるんですね。

ちょっぴり普通じゃない人たち

いく人もの名優の、ほれぼれするような熱演を、思う存分みられます。

パットを演じた、ブラッドリー・クーパーも素晴らしかったですし、どの登場人物も、まるで実在しているかのような、リアリティーがありました。

どうも長くなりそうなので、またの機会と致しますが・・・。
いちばん印象的だった彼女について、一言だけ。

ティファニーの存在

ジェニファー・ローレンスが演じたティファニーもまた、心に深い傷を負っていました。

自暴自棄になってるんだと、錯覚してしまいましたが、それは私の考え違いでした。

自分のことを、よく見せようとしたりしない、変に取り繕ったりしない彼女は、とても潔いのです。

ティファニーは、ありとあらゆる手を尽くして、パットをパートナーにして、ダンスコンテストに出場しようとします。

見返りが欲しかっただけ? かと、思われるかも知れません。
自分の好きなことをしたいだけ? と、思われるかも知れません。

「ダンスはセラピーなの」

彼女のしたことは、何のためで、誰のためだったのか。

種明かしもありますし、なんやかんやありまして・・・。

あのティファニーじゃなかったら、ラストの爽快感は、あんなに大きくなかったのでは?
そう思わずにはいられません。


はろこ

原題の「SILVER LININGS」には、「希望の兆し」という意味もあります。
素敵な言葉だなぁ・・・。