【M:I:Ⅲ ミッション:インポッシブル 3】パーティーで役立つかも知れない、とっさの一言。

もしもパーティーで、お酒をかけられてしまったら……。

今のところ、招待状すら届いてません。
こんにちは、はろこです。

映画のようなシチュエーション、遭遇しそうにないけれど。
敵ながらあっぱれな名言に、心ひかれてしまいます。


M:i:III (字幕版)

『M:I:Ⅲ』の、序盤のあらすじ。

イーサン・ハントは、IMFの敏腕エージェント
いくつもの不可能を可能にしてきました。
現在は現場を離れ、後進を育成する訓練教官の任に就いています。

この日はホームパーティでした。
愛するジュリアと婚約した、イーサン。
家族や友人を招いての婚約披露パーティは、ささやかだけれどあたたかい
ジュリアの姉の、素敵なスピーチ。
彼女の弟も、楽しそうにしています。
にぎやかなごやかな夜でしたが……。

極秘任務実行部隊であるIMFが、指令を送ってきたのです。

腕を見込んで現場へ送り出した教え子が、危険人物の人質になっている。

悩んだ末、イーサンは決断し、ジュリアに告げました。
「交通局の会議で、一晩、ヒューストンに出張する」と。

ほんとのことを言えない、彼。
なにか察したようだけど追及しない、彼女。

イーサンは、三人の仲間と共に、任務遂行のためベルリンへ。
敵の非情な仕掛けにより、思わぬ結果に終わります。

失意に暮れるイーサン。
IMFの局長から叱責され。
教え子からダイイング・メッセージのようなものが届き。
復元不可能と思われたデータには、敵の動向についての情報が。

とある決意をしたイーサンは、ジュリアが勤める病院へ向かいます。
本業のことは話せません。
信じてほしいとしか言えない、彼。
話してくれる時を待つと決めた、彼女。
結婚の誓いを交わします。

教え子が追っていたのは、ブラックマーケットの商人、オーウェン・デイヴィアン
復元されたデータによると、近々ヴァチカンにて、危険な兵器の取引をする模様。

イーサンたち、前回のチームも再集結。
緻密な作戦計画を立て、デイヴィアンを捕らえるべく、ヴァチカンに潜入するのですが……。

機会があったら使ってみたい、名言。

Oh no, it’s fine, it’s fine. I always spill red wine on my white custom made shirt.

「いえ、大丈夫。私も、よくオーダーメイドのシャツにワインをこぼす。」

はろこ的耳なれない言葉は、spillです。
辞書で調べてみました。

spill=こぼす、流れる、あふれる。
custom made shirt=カスタムメイドのシャツ、オーダーメイドのシャツ。

ブラックマーケットの商人は、案外いいひと?

この名セリフ、オーウェン・デイヴィアンのものなんです。

フィリップ・シーモア・ホフマンが演じた、ブラックマーケットの商人
IMFが危険人物としてマークしてる、冷酷無情な闇の武器商人ですね。
『M:I:Ⅲ』の敵役。
すこぶる付きの悪いヤツだと思います。

にもかかわらず。
なんてスマートな対応なんでしょう。

どんなシチュエーション?

ヴァチカンで開催された式典。
というか、レセプションパーティーのようでもあり。

大聖堂の一角……、大広間かな、回廊かな。
壮麗で、心が洗われます。

招待客は、司祭のスピーチに耳を傾けたり、ボーイが運んでくるドリンクを受け取ったり。
広々とした空間ですが、少々雑然としてますね。

デイヴィアンは、いわくありげなブリーフケースを手に入れて、部下を従え歩いていました。

デイヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)の、表情も印象的。

いくら混雑してるとは言え、出会い頭に美女とぶつかるだなんて。
よくあることではないですよね。

ぶつかった瞬間や、そのあと。
デイヴィアンの表情や物腰が、感情豊かで印象に残るんです。

サングラスかけたデイヴィアン。
タキシードにブラックタイ。そして、白いドレスシャツ。
その胸元に、赤ワインがびっしょりです。

彼は一瞬、事の意外さに固まったものの。
サッと、サングラスを外します。
外国語で謝罪する相手をじっくり観察。
警戒心が解けたのか、微笑みながら言いました。

Oh no, it’s fine, it’s fine. I always spill red wine on my white custom made shirt.

難しい単語は、ほぼありませんね。
真意が相手に伝わるように、やさしい表現を選んだのかな。
私にも、なんとか聞き取れました。

ここだけ見ると、悪い人とは思えません。
底知れないぞ、デイヴィアン。

大事な取引してるから、事態を混乱させたくなかったんでしょうか。

ぶつかったのは、誰?

デイヴィアンに、赤ワインをかけたのはゼーンです。

彼女は、IMFのエージェント。
デイヴィアンを捕らえるべくヴァチカンに潜入した、イーサンのチームメンバー。

彼が警戒したのは、間違いじゃなかったんですよね。

ゼーンをチームに選抜したのは、イーサンの上官、マスグレイブでした。
いろんな思惑がありそうです。

『M:I:Ⅲ ミッション:インポッシブル 3』の、スタッフ・キャスト・製作年など。

【監督】J・J・エイブラムス
【脚本】アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、J・J・エイブラムス。
【撮影】ダニエル・ミンデル
【音楽】マイケル・ジアッキーノ
【テーマ音楽】ラロ・シフリン
【衣装デザイン】コリーン・アトウッド

【出演】トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ヴィング・レイムス、ビリー・クラダップ、ミシェル・モナハン、ジョナサン・リース=マイヤーズ、ケリー・ラッセル、マギー・Q、サイモン・ペッグ、ローレンス・フィッシュバーンほか。

【製作年・国】2006年、アメリカ。
【原題】『Mission: Impossible Ⅲ / M:I:Ⅲ』

はろこ

デイヴィアンは『ミッション:インポッシブル』シリーズの中でも、なかなかの悪役だと思います。
思うんですけど、嫌いになれない。
どうしてだろう。
見入ってしまうんですよね。
イーサンが変装したシーンも絶妙でした。
あらためて、アップしたいと思います。