【インセプション】レオナルド・ディカプリオ主演の恋愛映画、とも読み取れる大作。

恋愛脳、だと笑わないでくださいね。

この映画は、頭の中をフル回転させても追いつけない、ノーラン監督の代表作のひとつです。難解かつ、壮大なスケールのSF映画であり、アクション映画でもあります。

が。恋愛映画としても一級品なのです。

『インセプション』は

2010年に作られた、アメリカ映画です。
監督は、クリストファー・ノーラン。
出演は、レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、トム・ハーディ、エレン・ペイジほか。
音楽は、ハンス・ジマー。
原題は『INCEPTION』

波打ち際に、ひとりの男性が、打ち上げられています。
うつつか、モウロウとする彼の目に、砂浜で遊ぶ子供たちの姿が、現れ消えて・・・。

見慣れない武装をした男性が、横たわったままの彼を発見し、大きな声で仲間を呼びました。
砂浜の向こう、ゴツゴツとした岩の断崖の上に、荘厳な天守閣をもつ城と仲間の姿が・・・。

担ぎ込まれた彼は、待ち受けていたヨボヨボのおじいさんから、「私を殺しに来たのか?」と問い掛けられて・・・。

「ちんぷんかんぷん?」でも、無問題。

意味も伏線も、散りばめられ放題です。

ちょっとでも考えようものなら、あっという間に置いてきぼりを食っちゃいます。
場面も状況もパパッと変わるので、感じるままに流されてしまいましょう。

だんだん流れに慣れてきて、途中から間違い探し答え合わせをする余裕が出てくるんです、痛快なんです。

「モル」には、ご注目くださいませ。

マリオン・コティヤールが演じる、謎めいた女性、モル

もし、この女優さんをご存知なくっても、明らかに意味深な登場するので、目が離せなくなるのでは?

いつしか画面に写っていなくても、「もしかしたら、居るんじゃないかな?」って、意識してしまうくらいです。

そして、彼女を見るコブの表情が、他とは全く違うのです・・・。

「コブ」が幸せかどうか、がキーポイント

『インセプション』の鍵を握っているのは、レオナルド・ディカプリオが演じるコブ、だと思っています。

一般的に映画の主人公は、胸の内に秘めた思いや心象風景など、いわゆる心の声的なものが駄々漏れなキャラクター、だと思うんです。

今、何を思っているのか?
これまで、どんな事があったのか?

映画の中はどんな世界なのか、主人公から想定したりしませんか?

コブは雄弁です。
セリフの多いキャラクターなんですが、言葉を理解しようとしても、混乱の渦に陥れられてしまいます。

ありていに申しますと「説明してくれても、よくわからん」のです。

さりとて。
コブは(隠してるのかも知れないけれど)表情までも、まことに雄弁。

どんな過去があって、どんな葛藤を抱えているのか、はぐらかされたり話してくれたり。
結果的に、よくわからん場合も多々ありますが、実に表情豊かな人物です。

コブの相棒アーサーが、モルに銃で、足を撃たれるシーンが、序盤にありました。
その時の、コブの表情。頭から離れません。

いつも唐突に登場して、コブを翻弄する、モル。
そのたびに、苦しそうだったり、嬉しそうだったり、なんとも言えない複雑な表情を浮かべたりする、コブ。

難解かつ壮大なスケールの、SF・アクション・サスペンス大作です。が。
コブが、心から願っていることは、叶うのか?
望んでいるものは手に入るのか?が、最大の見所でもある映画です。


はろこ

こんなにも、左手の薬指を凝視したことは、ありません。
私にとっての「トーテム」は、指輪でした。