名言も印象的な映画。【ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります】笑っていいのか困惑するシーンもあります。

「我が家以上の眺めは、ない。
だが、おそらく必要な眺めは、見尽くした。
眺めとは、若い人が見るべきなのだろう」

主人公アレックスの、セリフです。

このほかにも、心を揺さぶられる言葉が、たくさんありました。

『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』は

2014年に作られた、アメリカ映画です。
監督は、リチャード・ロンクレイン。
出演は、モーガン・フリーマン、ダイアン・キートン、シンシア・ニクソン、クレア・ヴァン・ダー・ブーム、コーリー・ジャクソン、キャリー・プレストン、スターリング・ジェリンズほか。

原題は、『5 Flights Up』。
脚本は、チャーリー・ピータース。
原作は、ジル・シメントの小説『眺めのいい部屋売ります』です。

アレックスとルースのカーヴァー夫妻は、エレベーターのない建物で暮らしています。
ブルックリンの街を一望できる、5階建ての最上階。
眺望抜群の我が家に住んで、40年が過ぎました。
住み慣れた居心地のよい部屋を、売りに出すことにしたのですが・・・。

いくら頑張っても、どうしようもないこと。

画家のアレックスは、見晴らしのいいセカンドベッドルームをアトリエにしています。
彼の日課は、愛犬ドロシーとのお散歩。
ですが、階段の上り下りにも、今では息切れするように・・・。
長年、教師を続けてきたルース。
退職のお祝い会で、夫が妻に贈った子犬のドロシーも、もう10才になりました。

ルースは、日々の細々したおつかいなど、一番年上のアレックスにお願いすることもあり、この先が心配でたまらないのです。

笑っていいのか、困惑するシーンもあります。

いま住んでる家が売れてしまえば、たちまち住むところが無くなってしまいますね。
カーヴァー夫妻は、そうなる前にあちこち探しまわるのですが・・・。
快適な部屋なんて、そう簡単には見つかりません。
新聞で目にした良さそうな物件は、ブルックリンの我が家が出した広告でした。

相手を大事に思うからこその、アイロニーもあります。

年長の夫を思う妻、ルース。
妻の気持ちをおもんばかる夫、アレックス。
心配事が重なって、本来しなくてもいいハズの言い争いになることも・・・。

「なぜいつも悪いことばかり想定するの?」

ルースの問い掛けに、アレックスが答えます。

「最悪に備え、最上を祈る」


はろこ

愛犬ドロシーは、手術が必要で、入院することになるのですが・・・。
元気に鳴いたシーンに、心から安心して、ほっこりとした気持ちになりました。