ショーシャンクの空に|若きエリートがなぜ地獄の刑務所に

ティム・ロビンスが演じる若きエリート、アンドリュー・デュフレーン(アンディ)。
そんな彼がなぜ、地獄のようなショーシャンク刑務所に入ることになったのでしょうか。

アンディの妻デュフレーン夫人は、夫以外の男性と一緒でした。
そのとき、何者かが二人を射殺。

アンディは、殺人の容疑をかけられ逮捕されてしまいます。

裁判で、アンディは無実を訴えるも、評決は有罪。
殺人の罪で、刑務所に入ることになりました。

収監されたのは、地獄のようなショーシャンク刑務所。

はろこ

想像を絶するほどの、苛酷な状況に追い込まれたアンディは・・・

プライベートのアンディについて考察

アンディことアンドリュー・デュフレーンは、若くして銀行の副頭取になるほどの将来を期待されたエリートでした。

彼が銀行家として、どれほど優秀だったのかは、刑務所での仕事ぶりをみれば一目瞭然です。

残念ながら、容疑をかけられる前の彼については、あまり触れられてません。

私の勝手なイメージですが。

アンディは愛妻家だけど、妻には伝わってない。
家庭のことも考えてるけど、それ以上に仕事が楽しい。

口ベタで、仕事を優先する人だったのかな?
と思ってます。

映画のなかに、アンディが二人を殺める決定的なシーンはありません。

事件の断片的な記憶が、フラッシュバックするような場面は描かれてます。
アンディが、平常心を失っていたり、銃を手にしていたり。

それらも夢か現実か、定かではありません。

裁判で、アンディは無実を訴えるも、評決は有罪。
殺人の罪で、刑務所に入ることになりました。

劣悪なショーシャンク刑務所

罪を犯した人々が収監されるのが、刑務所ですね。
様々な事情を抱えた人々が、罪を償うところなのです。が。

刑務所長や刑務官を見ていると、あまりにも理不尽で、「どうか120%作り話であってほしい」と考えずにはいられません。

私が一番ツラかったのは、刑務所長の人間性ですね。
人間不信に陥りそうなことを、平然とやってのけるんです。

アンディを襲うならず者たちは、言うまでもありません。

本当にコワイのは、魔物でもオバケでもなく人間なのかも知れないと、絶望しそうになりました。

からだの芯までしみとおるほど、きびしく冷え込む感覚。
恐怖で何も考えられなくなるような。

ショーシャンク刑務所は、そんな気持ちになる場所でした。

はろこ

多くの受刑者は、心のどこかで諦めているようにみえました。

生きていくために必要なもの

生き抜くためにたった一つの必要なこと。それは、希望を持ち続けることでした。

殺人の罪に問われたアンディは、終身刑です。
無実を訴え、再審を願いますが、地獄のような刑務所を出所することは、許されません。

どんな人でも、心が折れてしまう状況にありながら、生きていくために必要なものを奪わせないよう、挑み続けるアンディ。

アンディを演じたティム・ロビンスの表情を見ていると、映画の世界観に引き込まれてしまうのです。

希望を持ち続けることは、並大抵のことではありません。だからこそ、とても大事なことなんですね。

はろこ

臆病な私でも何度だって観たくなる、人間味あふれる感動作は、いかがでしょうか。

「ショーシャンクの空に」の映画情報

公開1994年、アメリカ
監督フランク・ダラボン
出演ティム・ロビンス
モーガン・フリーマン
ウィリアム・サドラー
ジェームズ・ホイットモア
ボブ・ガントン
クランシー・ブラウン
ほか
音楽トーマス・ニューマン
原題The Shawshank Redemption
原作スティーヴン・キング
『刑務所のリタ・ヘイワース』

こちらの記事もおすすめです

ショーシャンクの空に|ティム・ロビンス演じるアンディ信念のセリフショーシャンクの空に|ティム・ロビンス演じるアンディ信念のセリフ