映画で英語を学ぼう【魔法にかけられて】ジゼルが夢に見た王子様は?

夢に現れた王子様を忘れる前に、みんなで人形を作りましょう!
森に住むおともだちと、ほがらかにおしゃべりしながら作業するヒロイン、ジゼル

運命の人に出会う前から、とても幸せそうな彼女。
リスのピップと同じことを、私も思いました。

夢の王子様なんて、ホントに、いるの?


魔法にかけられて (字幕版)

「 I knew it was you. 」

このセリフを初めて聞いたとき。
なんとも言えない違和感を覚えたんです。

九死に一生を得て、目覚めたジゼルが言いました。

「 I knew it was you. 」

「It was you」を直訳するなら「それは、あなたでした」かな。
「I knew」は「私は知っていました」なので……。
「あなただって分かっていたわ」という感じでしょうか。

あのとき、どうしてジゼルは「やっぱり、あなただった」って言えたんだろう?

運命の人は、だれ?

ラストの展開に、なんとなくモヤモヤしてしまったんです。
もう一度、映画を頭から観て目からウロコが落ちました。

『魔法にかけられて』は

2007年に作られた、アメリカ映画です。

【監督】ケヴィン・リマ
【脚本】ビル・ケリー
【出演】エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、ジェームズ・マースデン、ティモシー・スポール、レイチェル・コヴィー、イディナ・メンゼル、スーザン・サランドンほか。


はろこ

ネタバレしております。
これから映画をご覧になるなら、ご用心くださいね。
王子が迎えに来てくれるなんて、思ってなかったんです。
エドワードの青い瞳に、強烈な印象を受けた私。
人形のブルーが目に焼きついてて、どんなコスチュームだったか忘れてました。
ジゼルが見た夢は、キングとクイーンの舞踏会だったんですね。