【ナイト ミュージアム】まさにブルックリンの守護者。心に残るラリーのスピーチ。

アクメンラーは、ラリーのことを敬意をこめて、ブルックリンの守護者と呼びますね。

今のところ三作ある『ナイト ミュージアム』シリーズ。
どれから観ても楽しめる映画です。

第一作の中盤に、ラリーがみんなの前で話す場面がありまして。
ここを観てたら、より楽しめると思います。


ナイトミュージアム (字幕版)

「さあ みんなで やり遂げよう!」

バラバラだったみんなの心が、ひとつになる。
映画を観てる私まで「おー!」って言いたくなりました。

リストラされた、前任の警備員。
彼らに奪われた大切なものを、朝までに取り戻そう

夜警として働きはじめて、まだ日の浅いラリー
彼だって、みんなとコミュニケーションとれてる訳じゃないんですよね。

崖っぷちに立たされてる主人公、ラリー。

離婚して、失業して。
愛する息子の信頼も無くしかけてるラリー。

今、なにをやらなきゃならないのか。
大事なものは、何なのか。

腹をくくったラリーの統率力たるや、実に頼もしいんです。

「生まれた時代は 2000年も違う」二者を取り持つ。

片や、アメリカ西部開拓時代のカウボーイ。
もう一方は、ローマ帝国の初代皇帝。

ミニチュアの、ジェドオクタヴィウスは犬猿の仲なんです。
しょっちゅうモメてる彼らの仲裁もしちゃうラリー。
お見事でございます。

一致団結して協力しよう

みんなに命を吹き込んでるもの。
毎晩の奇跡を起こしてくれるもの。

失ったものを取り戻すためにみんなを、そして自らをも鼓舞するラリー。
なんて頼もしいんでしょう。
それまでのダメっぷりも、何のその。
まさにブルックリンの守護者

ラリーを演じた、ベン・スティラーの熱演も素晴らしい。
『ナイト ミュージアム』屈指の名場面のひとつだと思います。

『ナイト ミュージアム』は

2006年に作られた、アメリカ映画です。
【監督】ショーン・レヴィ
【出演】ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、ラミ・マレック、オーウェン・ウィルソン、スティーヴ・クーガン、カーラ・グギーノほか。


はろこ

いくつもある名場面。
やっぱりテディが出てるシーンは、心にグッとくるもの多いですね。
あらためて語り尽くしたいと思います。