【彼女がその名を知らない鳥たち】陣治が夢に出てきそう。狂気と慈愛のバランスも、絶妙だった阿部サダヲ。

阿部サダヲさんは端正なお顔立ちだと思ってます。好きです。

役柄によって全く違う人になる、俳優の方々。
阿部サダヲさんが演じる、陣治は独特でしたね。

竹野内豊さん・松坂桃李さんが演じた役柄も、たいがいですが……。
その人物とは、似ても似つかない
むしろ真逆。まったく面影がありません

陣治が不快きわまりないのは、深い理由がありそうです。

何にも知らずに見始めて、途中で何度もしんどくなって。
おしまいまで観て、知らないのが一番と言われたような気になりました。


彼女がその名を知らない鳥たち

あらすじは、ネタバレに配慮しておりません。ご了承くださいませ。

十和子は、いつも不機嫌そう。
部屋は散らかり放題。
見るともなく見る、テレビの画面。かけ流されているのは、たくさん借りてるDVDの一つでしょうか。

時計の修理に対する意見を、電話で訴える十和子。
もう何回もかけてる口振りでしたね。

彼女のイライラは解消されず、かごに入ってる紙幣をつかんで、出掛けます。

立ち寄った店先で、通りすぎる人に目を向ける十和子。
驚いたように追いかけるけど、全くの他人らしい。

なんだか様子がおかしい十和子。携帯電話の着信音で、ようやく我に返ります。
何回言っても不用の電話をやめない相手に、彼女は罵詈雑言を浴びせかける。

電話をかけた人物は、佐野陣治です。
その用件は、十和子を思い、彼女の安否を尋ねるもの。
誰かに因縁つけられてないか?
晩ごはんに食べたいのは、こってり系?

陣治は、よっぽど彼女が心配なんですね。

現場仕事から帰宅した彼、顔は日に焼けて真っ黒。
汗じみた作業着は、くたくたに疲れた彼そのもののよう。

陣治は腰掛けないまま、食事の支度に取りかかります。
ごはんの後は、十和子が唯一褒めてくれる、マッサージ。
彼女の凝りをほぐそうとする陣治ですが……。
十和子の機嫌をそこねてしまい、彼女は更にひどい言葉で徹底的に罵りました。

今回クローズアップした登場人物。

幸せそうな人がいない、と言いますか。
どの人も、狂気をはらんでいましたね。

十和子の姉・美鈴を演じたのは、赤澤ムックさん。
野々山家の晩ごはんで、彼女が放った一言。
それに続くシーンにも、衝撃を受けました。

竹野内豊さん扮する、黒崎俊一
彼こそ、すべての引き金となった人物だと思います。
彼がいなければ、陣治は十和子に気づかなかったかもしれない
まったく違う人生を送っていた、かもしれませんね。

シュッとした水島を演じた、松坂桃李さん。

デパートの時計売り場で主任を務める、水島真
言葉遣いも身なりもきちんとしてる、洗練された物腰の人。
どことなく黒崎の面影があります。

水島が、初めて十和子を訪ねた場面。
私は妙な引っかかりを感じました。
今一つ割り切れない気持ち。
わだかまりが消えないまま、物語は進みます。

左手の薬指に指輪をつけてる、分かりやすさもより一層、白々しい彼が腹立たしい。

白い時計も、タクラマカンも、裏を返せばお見事ですよね。

すっかり興ざめする人物を、ぎりぎりまで魅力的に見せる松坂桃李さん。

背中を向けたり、目をそらしたり。
ちょっとした表情。ひとつひとつの言動。
細かいところで、違和感を抱かせる
絶妙でした。

陣治に命を吹き込んだ、阿部サダヲさん。

佐野陣治(さの じんじ)。
50にもなろうかという年齢です。
十和子とは、だいぶ年が離れてますね。

彼女いわく。
不潔・下品・下劣・貧相・卑劣・小心・粗雑。
ひどい言われよう。
それでも一緒にいるって、どうなんだろうな。

陣治は、建設工事の現場を仕切る、技能労働者だと思われます。
「図面引ける」って言ってましたし。
自分で会社を起こす、心づもりもあったみたい。

体調も悪そうだし、十和子のためなら現場に出ない仕事だってできるはずなのに。
それを選ばない理由があるんでしょうね。

外泊した十和子を迎えに、美鈴の家に行く陣治。
青いVネックのニットに、チェックのシャツを組み合わせ。ボタンは上まできっちりと。
いつも通りの無精ひげ、なのにこざっぱりして見えるんです。

あの食卓は、あり得たかもしれない、幸せな未来の象徴なのかもしれません。


彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)

狂気と慈愛がないまぜになった、陣治の声と表情。やりきれないほど苦しい。

正直なところ最後の方まで、ゾッとするようなことを言う陣治。
怖いのか、気持ち悪いのか、よく分からなくなるくらいです。

そうかと思えば、要所要所で十和子を救い上げる言葉を尽くす。

阿部サダヲさんが体現する、陣治の願望のようなもの。
それらを表現する眼差しが、どうしようもなく心憂いんです。

十和子を大切にしていなければ、狂気じみたりしないし、慈しんだりもしないはず。

どんなに異状で過剰だとして、ばか正直真っ直ぐで。
はたから見たら、くだらなくみっともないかもしれません。
そうまでしても守り抜きたいと、陣治は必死だったんでしょうね。

電車に駆け込んできた男性を、陣治が突き飛ばすシーン。

残念ながら、十和子のことが全く好きになれませんでした。
全力で愛されてる彼女が、うらやましいのかな……。
なので、ちょっと意地悪な解釈かもしれません。

彼女は、嫌悪を覚えた相手に対し、鬼のような形相になる。苛烈きわまりない。
その一方、好意や興味を持った相手の前では、小心というか気弱というか、守ってあげたくなるような人に見えるんです。
おそらく無意識なんでしょう。
スイッチが、自動で切り替わるような感じ。

毛嫌いしてる陣治の前で、かよわく見えたり。
黒崎や水島に対し、厳しく激しい面も見せました。
姉に対しても、あからさまではないにしろ、両面見せていましたね。
そこが彼女の、人間的な魅力のひとつなんだと思います。

あの夜、若い男性が乗車してきて、陣治は瞬時に察したんじゃないでしょうか。
か弱げな十和子が、男性を見上げ。
彼は、満更でもないように微笑んだ。
その先に、起きるかもしれない出来事。

陣治は恐ろしいことから、十和子を守ったのですが、男性をも守ったことになるのでは?

いつまでも幸せに暮らしたい。
陣治の願いは、それだけだったんじゃないでしょうか。

終盤の阿部サダヲさんが、すべての疑問に答えてくれます。

物語が進んでも、辻褄が合わなくて、薄気味悪くなるばかり。
ところが、あることを皮切りに、畳み掛けるように疑問が解き明かされていきます。

最後の最後、きちんとしてた彼が登場。
それを見て、全ての答えが出揃ったような気がしました。

彼女が思い出さないように、身を捨てるような気持ちで、今の自分を作り上げたんじゃないでしょうか。

陣治は、なろうと思えばいくらでも幸せになれたはずなんです。
それを選ばない彼が、歯がゆいような気もしますし。
善し悪しは分かりませんが。

無償の愛を注げる人に出会えた陣治は、じゅうぶん幸せだったんだと思います。

『彼女がその名を知らない鳥たち』の、スタッフ・キャスト・製作年など。

【出演】蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、村川絵梨、赤堀雅秋、赤澤ムック、中嶋しゅう、竹野内豊ほか。

【監督】白石和彌
【脚本】浅野妙子
【撮影】灰原隆裕
【美術】今井力
【装飾】多田明日香
【衣装】高橋さやか
【音楽】大聞々昴
【原作】沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」
【製作年・国】2017年、日本、R15。

はろこ

陣治は、十和子を笑顔にしたくて、ピエロを買って出たんじゃないかな。
佐藤主任に殴られたって言ってたけど、あなたもそう思われますか?
病状が悪化して、鼻血が止まらなかったんじゃないかな。
陣治が、十和子を置いてったのが意外なんですよね。
そう言えば、会社の黄色いヘルメット。いつから持ち歩くの、やめたんでしょう。
やっぱり転職したんでしょうか。
あれ。全ての謎は解けたはずなんだけどな。
もう一回、観てみます。