【魔法にかけられて】イディナ・メンゼルが歌わないミュージカル映画。ナンシーは、もうひとりのプリンセス?

『アナと雪の女王』エルサの声を担当した、イディナ・メンゼル
劇中歌「レット・イット・ゴー」も、圧巻でしたね。

エルサとして歌ったものは、彼女の心情が伝わってくるようでした。
エルサの孤独や、追い詰められて苦しんでるような心境。
そういうものを振り切る、力強さ。
吹っ切れたけど、コントロールできない、危うい感じ。

もちろん、イディナ・メンゼルとしてパフォーマンスするときの、圧倒的な歌唱力は言うまでもありません。

それなのに。
ミュージカルなのに、彼女が演じたナンシーは歌いません

なんて贅沢な映画なんでしょう。


魔法にかけられて (字幕版)

『魔法にかけられて』の、あらすじ。ナンシー中心にしてみました。

現代のニューヨーク。
ナンシーは、親切にしてくれる人が誰もいない、恐ろしい場所と呼ばれる、この街で暮らしています。

容姿端麗な彼女、仕事もプライベートも順調のようですね。
見晴らしのいい場所にあるオフィスで、バリバリ仕事をこなしてます。

知り合って5年になる、彼の名はロバート
きちんとプロポーズされてませんけど、彼の娘とも仲良しです。
まだ幼い彼女の気持ちを尊重し、彼らの家に泊まるなんて事はしません。

そんな、ある日。
ナンシーは、彼の娘・モーガンを学校まで送ることに。
朝7時半の約束で、ロバートの家に行きました。

そこで彼女は、屈辱的な目にあわされます。
どう見てもシャワーを浴びた直後の女性が、ロバートと一緒にいました。
ただならぬ様子です。

あとになって、素敵なメッセージカードが届いたけれど。
ロバートと仲直りはしたものの、次第に変化していく彼に、不安がつのるナンシーでしたが……。

今回クローズアップした登場人物は、こちら。

エイミー・アダムス演じる、ジゼルが愛くるしく魅力的なんです。
彼女に感情移入してしまうと、ナンシーの良いところを見落としがちになりますね。
いかんいかん。

ロマンチックに憧れてる、ナンシー。

ナンシー・トレメイン。
目鼻立ちのはっきりしたお顔立ち。
自分の意見を持っていて、正しく伝える努力をする。

向こう意気の荒い人に見えたんですが、ちょっと違いましたね。
ナンシーは、茶目っ気があって、理知的で、感情的な一面もある。
気が弱いところもあるし、なによりロマンチックが大好きなんです。

5年も一緒にいるロバートは、自分たちのこと理性的って言ってましたね。
ナンシーのこと、大人の女性とも評してました。
それは間違いではないんでしょう。
ナンシー自身、そうありたいと願ってるんだと思います。

でも、頭ごなしにされるのは悲しいかも。
エドワードと一緒にいるナンシー、かわいかったな。

エドワード王子のモデルは、これまでのディズニープリンス&ガストン?

ジェームズ・マースデンが演じたのは、エドワード王子。
ジゼルを助けるため、はるばるアンダレーシアから、追いかけてきてくれました。

多少コミカルではあるけれど。
終始一貫、ジゼルの安否を気遣ってましたよね。
まぁ。自分が幸せになるために、という気持ちもあったと思いますが。

痛みを感じたり、怒りを覚えたり。
新たな感情を受け入れる、度量の大きい人、
きっとエドワードは立派な王様になりますね。

諸説あるかと思いますが。
エドワードのモデルは、これまでのディズニープリンス&ガストンなんだそう。

ガストンっていうのは『美女と野獣』に登場するキャラクターです。

エドワードに、ガストンみ、あるかなぁ。
私は、ちょっとガストン苦手だったので、その発想はなかったんです。
あなたは、どう思われました?

ロバートを演じたのは、パトリック・デンプシー。

離婚歴のある、ロバート。
彼は有能な弁護士で、依頼人の利益を優先するんですが……。
どうしても私情が入っちゃってますよね。
結婚に対して、めちゃくちゃシビアでした。

ジゼルを、放っておけなかったこと。
ナンシーのこと、それほど好きではなさそうな件。
大きな意味があるのでしょうが、やっぱりひどいなぁって思います。

イディナ・メンゼルとジェームズ・マースデンの、デュエットが観たいのです。

ナンシーは、ロバートに恋してました。
ジゼルが現れてからの物語なので、あまり幸せそうに見えなかったのは残念。

引き際の潔さもナンシーらしいものでしたね。
なんとなく、覚悟してたのかな。

ひとつ、勝手に嬉しく思ったことがありまして。

ナンシーが、初めてエドワードに会ったとき。
彼が、ジゼルの話をした場面。
あのときのナンシー、すごく素敵で大好きなんです。

率直で、ロマンチックなのは、エドワードの個性ですよね。
それを理解して、彼に伝える。
簡単なようで、けっこうハードル高いのでは?

アンダレーシアでトロール狩らせたら、おそらくエドワードの右に出る者はいないはず。
彼は勇敢な王子様なんです。
ところがニューヨークでは、うまくいかない事も多くて。
さすがのエドワードも、凹んでる場面ありましたね。

靴とナンシーとエドワードのシーン。
お互いを理解してるように思えて、すごく好きなんです。

続編の噂、ぱったり途絶えてしまいましたが……。

イディナ・メンゼルとジェームズ・マースデンのデュエット、聴きたいのは私だけじゃないはずです。
あなたも、そう思いませんか?

『魔法にかけられて』のスタッフ・キャスト・製作年など。

【監督】ケヴィン・リマ
【脚本】ビル・ケリー
【衣装】モナ・メイ
【音楽】アラン・メンケン
【製作年・国】2007年、アメリカ。
【原題】『Enchanted』

【出演】エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、ジェームズ・マースデン、ティモシー・スポール、イディナ・メンゼル、レイチェル・コヴィー、スーザン・サランドンほか。
【ナレーション】ジュリー・アンドリュース

はろこ

ナンシーとエドワードは、出会ったその日に、恋に落ちました。
これぞ、まさしく運命の恋。
ジュリー・アンドリュースのナレーション、その通りになったらいいですね。
「こうして。みんなは、いつまでも幸せに暮らしました」