【パターソン】永瀬正敏が演じる、謎めいた詩人。彼は何者だったんだろう?

映画の最後に登場する、日本で出版された詩集を持ってる男性。

エンドクレジットに書かれた永瀬正敏さんの役名は、Japanese Poetです。

とは言うものの、自作の詩を朗読する場面はありません。

黒っぽいスーツに、メガネ。
風刺画に描かれるような、これぞ日本人なイメージでもあり。
喪章つけたらお葬式、っていう感じでもあるような。
しかしてその実体は?


パターソン(字幕版)

はじめは、死神かと思いました。

ニュージャージー州パターソン市の、パターソン氏の一週間を描いた映画。

穏やかでユーモラスな日常ですが……。

どれか爆発したらどうしよう。
連れ去られたりしないよね?

私はハラハラし通しでした。

そして、やって来る土曜日。
すべての不幸を引き受けたような、秘密のノート

眠れぬ夜が明け、日曜日。
お気に入りの滝を見るには最適なベンチに座ってたパターソン。
ふと現れた、見知らぬ男性から話しかけられます。

黒っぽいスーツを着て、メガネかけてる。
永瀬正敏さん演じる、Japanese Poetでした。

週の後半、なんとな~く不穏な空気が漂うんですよね。

色彩に込められたもの

偶然、永瀬正敏さんのインタビュー記事を読みまして。

えっ、ブルー系?

それで、ようやく気付いたんです。
黒いネクタイとは違う、濃い藍色のジャケット。
彼が持ってた『パタースン』のカバーとも、同系色でも、違う色に見えますね。

光の加減時間の経過もあるのかな。

隣に座る、パターソンの上着の色。
ふたりが出会った3時前頃、そうとは思えなかったんですが。

かばんを開いて、ノートブックを見せてる場面。
ふたりの着ている上着の色が、よく似てるように見えました。

余談ですが。
ブルー系のスーツに、ブラウンのかばん。
詩人さんのファッションセンスも素敵です。
黒ずくめだって勘違いして、ごめんなさい。

詩の神様なのかもしれません

とても詩的な会話を交わしてるうちに、笑顔とユーモアを取り戻すパターソン。

明日発つという詩人さん。
握手を交わした右手の指に、絆創膏が巻かれてましたね。

それを見て、秘密のノートを連想してしまいました。

大阪へ向かうというJapanese Poetは、詩の神様だったんじゃないかと思うのです。

『パターソン』は、2016年に作られた、アメリカ・ドイツ・フランスの合作映画です。

【監督】ジム・ジャームッシュ
【出演】アダム・ドライバー、ゴルシフテ・ファラハニ、永瀬正敏、バリー・シャバカ・ヘンリー、クリフ・スミス、ネリーほか。


はろこ

永瀬正敏さんのセリフ回し。
心地よくてユーモラスで、とても好きです。
繰り返しのリズム感も、音楽だなぁとしみじみ。
「A-Ha」の言い方も素敵でしたし、それに反応するアダム・ドライバーの表情も最高。
W・C・ウィリアムズがドクターで、パターソンがドライバーっていうくだりも、とても好きです。