気ままに映画エッセイ

映画の名言【ショーシャンクの空に】アンディが教えてくれた、正気を失わない方法。

大切な友に「心の豊かさを失ってはダメ」と告げる、アンディ。

素晴らしい。
その直前の言葉も、心に響くものでした。


ショーシャンクの空に(字幕版)

『ショーシャンクの空に』の、あらすじ。

アンドリュー・デュフレーンは、終身刑で服役中の囚人です。
彼がショーシャンク刑務所に入所したのは、1947年でした。

罪人の日常は、悪夢のよう。
誰かの自由を奪った彼らに、自由な気分を味わうことなど許されません。

時は流れていき、アンディは図書係に配置転換されます。
彼は、優れたファイナンシャル・プランナーでもありまして。
所長や刑務官たちは、アンディの能力を利用して、無料で財テクの知恵を借りようとしたのです。

物置のような図書室には、わずかな蔵書しかありません。
アンディは、資産運用の相談に乗る一方で、新しい本を増やそうとしました。

彼は週に一度、州議会に手紙を送り続けます。
6年が経ち、ようやく返事がきました。
200ドルの図書室用の予算と、中古図書の寄贈と、粋なメッセージ。

アンディは、寄贈されたレコードの中から、一枚選びます。
プレイヤーに乗せ、針を下ろし、刑務所中に聞こえるようにスイッチを入れ。

心が震えるぐらい美しく豊かな歌声が、優しく響き渡ります。

屋内で作業してたり、診療所にいたり、屋外にいた罪人たちも皆、自由な気分を味わいました。

もちろん、所長は激怒。
アンディは、すぐ捕まってしまうのですが……。

アンドリュー・デュフレーン(ティム・ロビンス)

信じがたいほど冷酷な人間
アンディの裁判を担当した判事は、こう言いました。

弱々しい、長身のお坊っちゃん
のちに友人となる、レッドの第一印象です。

ティム・ロビンスが演じた、アンドリュー・デュフレーンは謎めいた人物でした。

銀行員だったことは確かなようですが、ほんとうに大銀行の副頭取だったのかな。
殺人罪で投獄されましたが、アンディは無罪を主張しています。

刑務所の調達屋であるレッドは、入所まもない頃のアンディについて、こんなことも言ってましたね。

打ち解けようとしない彼は、気取って見えた。
まるで公園でも散歩するかのように、塀の中を歩く。

新入りは、初日の夜に泣くショーシャンク。
アンディは1日目の晩も、入所して1か月たっても、静かでした。
彼の頭の中心のうちには、音楽が流れていたのでしょうか。

初めて登場したときのアンディは、心に傷を負い、憎悪に満ちた眼をしていました。

物語が進むにつれ、穏やかに見えたり、確固たる信念を持ってるように感じたり。
映画を観るたび、いろんなことに気づかされるんです。

地獄のような穴蔵から帰還した、音楽家さんの名言。

懲罰房に2週間、入れられたアンディ。
仲間のところへ戻った彼は、おどけたように「快適だった」と答えます。

「音楽を聴いてた」

「I had Mr. Mozart to keep me company……」

直訳するなら、モーツァルト氏に付き合ってもらってた、でしょうか。

字幕では「音楽を聴いてた」でしたね。
「聞く」じゃなくて「聴く」なのも、素敵だなぁ。

懲罰房に入れられる原因となった、音楽。
レコードが入った木箱の中から、アンディが選んだのは『フィガロの結婚』でした。

その一枚を見つけて、大切そうに手に取るアンディ。
彼の表情が、ほんとうに素敵なんです。

目をキラキラ輝かせて、いたずらっ子みたいにニコニコして。
とても晴れやかな表情で、彼は泣いてないのに、もらい泣きしそうになりました。

映画の冒頭。
アンディは、カーステレオから流れる音楽を止めましたね。
あのとき、正気を失ったのかもしれません。

「心の豊かさを失っちゃダメだ」
アンディの言葉は、心が震えるぐらい響きました。

『ショーシャンクの空に』の、スタッフ・キャスト・製作年など。

【監督・脚本】フランク・ダラボン
【原作】スティーヴン・キング『刑務所のリタ・ヘイワース』
【音楽】トーマス・ニューマン

【出演】ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ウィリアム・サドラー、ジェームズ・ホイットモア、ボブ・ガントン、クランシー・ブラウンほか。

【製作年・国】1994年、アメリカ。
【原題】『The Shawshank Redemption』

はろこ

どの名言を選ぼうか、こんなに頭を悩ませてくれる映画に出会えるなんて。
とても幸せです。