【コードネーム U.N.C.L.E.】ガイ・リッチー監督による痛快無比のスパイ・アクション。

ハラハラ ドキドキしたい あなた。
予備知識ゼロで観た方が、より楽しめるかも知れません・・・。

『コードネーム U.N.C.L.E.』は

2015年に作られた アメリカとイギリスの合作映画です。
監督は、ガイ・リッチー。
出演は、 ヘンリー・カヴィル、アーミー・ハマー、アリシア・ヴィキャンデル、シルヴェスター・グロート、ほか。

原題は『THE MAN FROM U.N.C.L.E.』。
アメリカのテレビドラマ『0011 ナポレオン・ソロ』の、リメイク作品でもあります。

1963年。ベルリン、国境検問所。
パリッとしたスーツ姿の男性が、西からへ やって来ました。
自動車整備工場へ向かった彼は・・・。

この映画には 死角はないのかな?

スパイが登場する映画が好きなら、間違いなく楽しめると思います。

かっこいいのりものが 次々に出てきますし、1960年代のファッションも ふんだんに見られます。

相性最悪な者同士が、絶妙なコンビネーションをみせるバディムービーでもあり、ソリがあわない男女が、いつの間にやら「いい雰囲気」になるラブストーリーでもあり・・・。

おまけに。映画の舞台は、東西ドイツだけでは ありません。
ローマの街並み地中海など、絶景を背景に、目覚ましい活躍ぶりを見せてくれるのです。

時代背景は どうなってるのかな?

1960年代前半と言えば、東西冷戦真っ只中。

「東西冷戦の象徴」とも言われ、1989年に崩壊した「ベルリンの壁」が建設されたのは、1961年でした。

「東西冷戦」とは、ざっくり言いますと、資本主義・自由主義 VS. 共産主義・社会主義。
「米ソ冷戦」とも呼ばれたそうです。

「ナポレオン・ソロ」と「イリヤ・クリヤキン」

元アメリカ陸軍の軍曹過酷な少年時代を生き抜いたロシア人

お互いの第一印象は最悪でしたが、それぞれ尋常じゃない魅力と実力を持っていました。
とにかくカッコいい この2人にも、「冷戦」は勃発するのでしょうか!?


はろこ

ガイ・リッチー監督らしい「スタイリッシュ」な映画です。
が、泥臭いところがあったり、笑ったり、ホロリと させられたり・・・。
大好きな作品です。