【かぞくはじめました】大キライ!+(親友の)一人娘=LOVE!?

「好き」の反対は「嫌い」? それとも「興味ない」?
相性サイアクな人との「恋愛」に お悩みでしたら、ヒントがあるかも知れません。

『かぞくはじめました』は

2010年に作られた アメリカ映画です。
監督は、グレッグ・バーランティ。
出演は、キャサリン・ハイグル、ジョシュ・デュアメル、ジョシュ・ルーカス、クリスティーナ・ヘンドリックスほか。

ホリー・ベレンソンは、親友のアリソンがセッティングしたブラインドデートの相手を待っていました。
その人は エリック・メッサー
アリソンの恋人ピーターの、親友です。

ところが。あり得ない出来事のオンパレードに、とうとうホリーの 堪忍袋の緒が切れました。対するメッサーは、まさかの逆ギレ。

「もう二度と会いたくない」のに、アリソンとピーターが結婚。事あるごとに顔を合わせる羽目になる ふたりなのですが・・・。

はたから見ると お似合いなのに、壊滅的な相性の ふたり。

キャサリン・ハイグルが演じるホリーは、おしゃれなベーカリーを営んでいます。親友のイベントには、お手製の手土産を持っていき、みんなからも好評です。人生設計もバッチリ立てていました。

ジョシュ・デュアメルが演じるのは、スポーツ番組のディレクターになるべく修行中の、メッサーです。

服の好みも趣味も、何もかも正反対だと思い込んでいる ふたりですが、案外お似合いなのでは・・・?

親友の一人娘、ソフィー。

ホリーとメッサーは、ソフィーの共同後見人を引き受けます。

ふたりは別々の、こうなりたいという未来像を持っていました。相応の努力を費やして、あと少しで手が届きそうです。日々の暮らしもそれなりに楽しんでいたのですが・・・。

ソフィーを演じたのは三つ子ちゃん。
アレクシス&ブリン&ブルックの、クラーゲット三姉妹で撮影に臨んだそうです。

人生 なにが起こるか分からない。

大嫌いな人との共同生活。やったことのない子育て。次から次へとハプニングが生じて、失敗したり ケンカしたり。

それでも「理想的な恋人」に巡りあったりも するのです・・・。

完璧な人生設計って なんだろう?
幸せって、理想的って、なにを決め手に判断するのでしょう?

一寸先は闇なのか、はたまた 答えは目の前にあるのか。

登場人物たちの一挙一動を、ついつい自分に置き換えてしまう、そんな映画です。


はろこ

私は「大嫌いから始まる恋は ある」派だなぁ。