【レナードの朝】「さあ 始めよう」人間の尊厳と、愛と友情を描いた作品。

人間らしいとは なんでしょう・・・。

病に苦しんでいる人。そばで見守り支えている人。
「心が折れそうなとき」に、それでも「一歩踏み出す 力 をくれる」映画です。

『レナードの朝』は

1990年に作られた アメリカ映画です。
監督は、ペニー・マーシャル。
出演は、ロバート・デ・ニーロ、ロビン・ウィリアムズ、ジュリー・カヴナー、ジョン・ハード、ルース・ネルソンほか。

原作は、医師で神経学者の オリバー・サックスが記したノンフィクション。
スティーヴン・ザイリアンが、脚色しました。
原題は『AWAKENINGS』。

1969年。ニューヨークのブロンクス。
ある朝、ひとりの男性が病院を訪れました。
彼は、マルコム・セイヤー医師
医学部を卒業して以来、臨床の経験は全くありません。
「神経科の研究室に、空きがあるのかと・・・」、職を求めて応募してきたのですが・・・。

ベインブリッジ病院

硬化症、トウレット症候群、パーキンソン病、嗜眠性脳炎・・・。
慢性神経病の患者専門の この病院。募集していたのは、臨床医でした。

採用されたものの、診察するのは ほぼ初めて。
セイヤー先生は人付き合いが苦手で、これまで あえて関わらないようにしてきました。息苦しさを感じるばかりで、「やりがい」どころではありません。

看護師のエレノア・コステロは、「慣れますわ。信じられないでしょうけど・・・。」と、声を掛けますが・・・。

「目覚め」

この言葉には、「眠りから覚める」のほかにも、いくつかの意味があるんですね。

辞書を引いてみて、いい言葉だな、と思いました。
「ひそんでいた本能や能力が はたらき始めること」や、「迷いから立ち直ること、または自覚すること」と あります。

『レナードの朝』の登場人物たちは、おのおのが各々の難事に直面しているのですが、

ひとりひとりに、「目覚め」が ありました。

「忘れてはならない 大切なもの」

「眠っているように見える」患者のひとり、レナード・ロウ

彼は、セイヤー先生の「呼び掛け」に、「リルケ」「パンサー」と、「綴る」ことで答えました。

ドイツ最大の詩人といわれるリルケの作品のなかに、という詩があるそうです。

鉄柵の檻から出られない豹の 絶望を詠んだ詩です。

解釈は、ひとりひとり違うかも知れませんが、誰にでもある思い通りにならない もどかしさが、痛いほど伝わってきました。

数年前、親しい人をパーキンソン病で亡くしまして・・・。
『豹』を引用するレナードの心境を思うと、みぞおちが硬い石にでもなったように 苦しくなります。

エレノアが掛けてくれる言葉

人付き合いの苦手なセイヤー先生。
新しいことを始めるとき、周りから反対されることもあれば、応援されることもありました。

よき理解者のひとり、看護師のエレノアは励ましの声を掛け続けます。

無力感に さいなまれているときに聞くと、自分に優しくしてもいいんだよ、と言われてるようで・・・。


はろこ

実話を基に作られました。
奇跡も起こりますし、奇跡の現実も襲ってきます。
くじけそうなときは、「ラストシーンの セイヤー先生の言葉」が、よく効くのです。

「さあ 始めよう」