【たそがれ清兵衛】宮沢りえ演じる朋江に、ブラボーが止まらない。理想の女性が、また1人増えました。

朋江は、主人公の幼なじみです。

宮沢りえが演じる朋江の、たおやかで凛とした、ありあまる魅力に私は、すっかり惹きつけられてしまいました。

『たそがれ清兵衛』とは?

幕末の、東北は庄内地方の、小さな藩が舞台です。
海坂藩で暮らす不遇な人々が、懸命に生きる姿を描いています。

主人公は井口清兵衛(真田広之)。

彼の、年の離れた幼なじみが、朋江です。
彼女が5つの時、清兵衛は12か3だったと思うというセリフがありましたね。

ちなみに。
朋江の兄飯沼倫之丞(吹越満)は、清兵衛の親しい友人。
彼らもまた、幼なじみなのでしょうね。

朋江のスゴいところ、その1。

どんな状況だろうと、相手が誰だろうと、言うべきことはハッキリ言う。筋を通すとこはキッチリ通す人なんです。

酒乱の甲田豊太郎。

めっちゃコワいし、かなり横暴ですね。
1200石の物頭(ものがしら)甲田家の跡取り息子であり・・・。
上背もあって、腕も立つ、朋江の別れた夫です。

倫之丞いわく、大変な酒乱で、酒癖の悪い人。
酔っては朋江を、殴る。蹴る。
彼女は何度も、兄の家に逃げ帰るありさまで・・・。
このままでは命に関わると、倫之丞が手を尽くして離縁させました。

ところが、甲田豊太郎。
夜更けに酔っ払って、飯沼家にやって来て、大暴れするんです。

何かが割れる音と悲鳴。そして大きな怒鳴り声。
こんな感じで初登場する彼を、好ましく思えるはずがありません。

朋江にとっては「思い出すのも、嫌でがんす」なことなのですが・・・。

「あんた、やめて下さい!」

別れた夫が、兄や兄嫁に危害を加えようとしたとき、朋江は毅然と割って入ります。
そして、彼女のプライバシーに土足で踏み込む相手に対して、こう一喝するのです。

「どこさ行こうと私の勝手でござります。
それから、ついでに申し上げますが
私はもう、あんたの妻ではありましね。
呼び捨ては、やめて下さい!」

心の中では、本当に恐ろしくて、逃げ出したいくらいだったに違いない、と思うんです。

朋江は、このセリフを言ったあと。
別れた夫に頬をひっぱたかれ、倒れ込んでしまいます。
もしかしたら、それをも覚悟した上での言葉だったんじゃないかと、私には思えてなりません。

朋江のスゴいところ、その2。

朋江がいるだけで、うちの中がぱあっと明るくなったように感じるところです。

清兵衛の娘、萱野(かやの)と以登(いと)が、塾から急いで帰ってくる姿。
井口家で、たくさん聞かれるようになった笑い声
とても幸せそうなのです。

心が温かくなる、わらべうた。

清兵衛の家から聞こえてくるのは、笑い声だけではありませんでした。

「おらえのちょんべなはん
涙をぽーろぽろ ぽーろぽろ。
こぼした涙を 袂(たもと)で拭きましょう 拭きましょう。
拭いた着物を 洗いましょう 洗いましょう。
洗った着物を 絞りましょう 絞りましょう。
絞った着物を 干しましょう 干しましょう」

とても可愛らしくて、耳に心に優しい歌。
私は初めて聞いたんですが、映画を何度も観るうちに、一緒に歌えるようになりました。

清兵衛と一緒にいるときの、朋江。

これはもう、ぜひ、ご覧になって頂きたい。
可愛らしいし、美しいし、機知に富んでて、テキパキ何でもこなせるんです。

そして、心情を吐露するときの、震える声
観ている私まで、身を切られる思いでした。

『たそがれ清兵衛』は

2002年に公開された、日本映画です。
監督は、山田洋次。
出演は、真田広之、宮沢りえ、草村礼子、伊藤未希、橋口恵莉奈、神戸浩、大杉漣、吹越満、深浦加奈子、小林稔侍ほか。

原作は、藤沢周平の小説『たそがれ清兵衛』『竹光始末』『祝い人助八』。

脚本は、山田洋次、朝間義隆。
音楽は、冨田勲。
主題歌は、井上陽水の『決められたリズム』です。


はろこ

朋江の別れた夫、甲田豊太郎を演じたのは、大杉漣さんでした。
のちに清兵衛が、理不尽な藩命を受けざるを得ない状況に陥る、原因にもなった彼。
難しくてリスクの高い役を、圧倒的な存在感で演じておられますね。