【映画「深夜食堂 」】みちるの壮絶な半生とは?多部未華子の表現力が素晴らしい。

ずっと観たいと思ってた『深夜食堂』劇場版の第1作
ようやく望みがかないました。

この映画のお題は、三つのお料理
人の心や季節の移り変わりなど、丁寧に描かれてます。

「とろろご飯」多部未華子さんも、すごかった。

まるで手負いの獣のような、みちるちゃん。
身の上を語る彼女のこと、息を凝らして見守ってしまいます。


映画「深夜食堂」

『映画「深夜食堂」』の、あらすじを簡単にご紹介。

お客さんの食べたいもんを言ってもらって、できるもんなら何でも作る。
余計なお節介しないマスターが、ひとりで切り盛りする「めしや」

夜12時から朝7時頃まで営業してる、深夜食堂が物語の舞台です。

この映画でお題になったのは、ナポリタンとろろご飯カレーライスの三品。
どれも主食なのは、偶然でしょうか。

前置きが長くなりました。
それでは、多部未華子さんがゲスト出演した「とろろご飯」冒頭のあらすじをどうぞ。

「とろろご飯」

洗濯物が、よく乾く季節になりました。
半袖の開襟シャツを着たマスターは、自転車で八百屋さんに向かいます。

店先で大根を手にしたとき、右手に違和感を覚えたマスター。

春先に誰かが置き忘れていった骨壺を、いったん警察に預けてたんだけど、ふと思い立って、引き取ることにしました。

一方、その頃。
漫画喫茶のドリンクバーで、切羽詰まったように、ジュースを飲む女性。
通りすがりのカップルも思わず足を止めるほど、ワケありげな感じです。
ここで寝泊まりでも、してるのでしょうか。

ある夜のこと。
めしやに、常連客のかすみさんと小道くんが来てるとき、一見さんが入ってきました。

ワケありげな彼女に、マスターは手っ取り早く提供できる料理をすすめます。

右手が思うように動かせなくて、難儀するマスター。
彼女は、ちらちらと目を向けて、気にしてるような素振りを見せるのですが……。

今回クローズアップした登場人物は?常連さんについても、サラッと。

一見さんも常連さんも、ひとクセありそうな人ばかり。
どんな人柄で、何を注文するのか、とっても気になります。

かすみさん(谷村美月)は、割に何でもぽんぽん言うんですね。
竹を割ったような、という表現がぴったり
大阪弁でわーっと話すところもチャーミングです。
彼女の好物は、大阪のソウルフードとも言われる紅天こと、紅しょうがの天ぷら

小道くん(宇野祥平)は、気遣い屋さん。
みちるちゃんに対しても、最初から友好的でした。
小道くんの職業は、カメラマンかな。
彼は毎回、いろんなお料理、食べてるような気がします。

いちばん謎めいてるのはマスターかも。

小林薫さんが演じる、めしやのマスター
顔に傷がありますが、誰も何にも触れようとしない。

この映画には、マスターの古~い知り合い千恵子さん(余貴美子)が登場します。
彼女も、余計なことは言わないんですよね。

マスターは、進んでペラペラおしゃべりしないし、適度にほっといてくれる人。
必要なときには厳しい表情になるんだけど。
不思議と何でも話したくなる、器の大きさを感じさせる人でもあります。

人間の良い面も悪い面も見尽くしたかのような、みちるちゃん。

みちるちゃんの年の頃を、常連さんから尋ねられた小道くん。
20代半ばって答えてました。
彼女を演じた多部未華子さんは、1989年の早生まれ。
みちるちゃんとは同年代ですね。

だけど、そこにいるのは栗山みちる
心に傷を負った、ひとりの女の子でした。

初っぱなの彼女は、いかにも怪我した野性動物のよう。
警戒心をあらわにしてましたね。

訳あって、マスターのもとで働くようになってから。
みちるちゃんの表情が、どんどん豊かになるんです。

彼女が、おばあちゃんとのツーショット画像を、ひとりで眺めてる場面がありまして。
物思いに沈んでぼんやり見てる面持ちも。
幸せそうに写ってる、二人の面差しも。
誰にも見せてなかったみちるちゃんの素顔だと思うんです。

みんなの前でも本来の姿を見せてくれるようになって、私は勝手に安心してたんですけども……。

みちるちゃんの半生が壮絶すぎる。

私が初めて観た『深夜食堂』シリーズは、『続・深夜食堂』でした。
ドラマ版も観てなかったのに、どうして劇場版の第2作を観たのか……。
ちょっと思い出せないけど、暴挙ですよね。

とても面白かったんです。
たとえマスターや常連さんの、それまでの出来事が分からなくても。

人情味あふれる感じ。
めしやの風情。
それに何より、食欲をそそられるお料理の数々

だけど。
ひとつ分からなかったのは、みちるちゃんの心遣い
どうして見ず知らずの人に、あんなにも親切なんだろう。

その答えは『映画「深夜食堂」』にある。
そんな気がして、ず~っと観たいと思ってました。

信じた人に裏切られる。

みちるちゃんは、新潟県の上越出身です。

かつて、地元の居酒屋でバイトしてた頃。
彼女の料理を認めてくれた人がいて。
東京でお店を出そう、と故郷を後にしたんです。

ところが、この長谷川なる人物。
最低最悪の人でして。
みちるちゃんの貯金を預かったまま、行方をくらましちゃったんです。
彼女の貯金を使い込んだだけでなく、借金まであるらしい。

しかも早くも、お金に困ってるんでしょう。
「ずいぶん捜した」だの「ばあちゃんにも会いに行った」だの。
みちるちゃんを置き去りにしておいて、なんたる言い草。
全くもって、腹立たしい。

どちらが悲しいのか、分からない。

みちるちゃんは、物心ついた頃からご両親がいないそうです。
「ずっと、おばあちゃんに育てられた」って言ってましたね。

つらくてたまらないことです。
それなのに、秀子ちゃんと自分と、どちらが悲しいのか分からないって言うんです。
どちらも、身を切られるような思いのはず。
自分のことより、秀子ちゃんの気持ちを考えてるみたいで……。
みちるちゃんの心遣いに、胸がギュッとなりました。

秀子ちゃんは、彼女の幼なじみ
みちるちゃんが作った卵焼きをほめてくれた人なんです。
彼女たちが中学2年生のとき、秀子ちゃんのお母さんは亡くなりました。

みちるちゃんは、彼女はひとりぼっちになってしまったのに、自分にはおばあちゃんがいる
そのことが申し訳ないような。
でも正直な気持ちとしては、幸福なことでもあり。
中学2年生の女の子が、どちらが悲しいのか分からないって考える。
このこと自体、とてもかなしくてやりきれない気持ちでいっぱいになりました。

故郷に帰れないのかも。

ひとりぼっちで東京に取り残された、みちるちゃん。
マスターに会った頃には、食べることにも、眠る場所にも、困ってましたよね。

長谷川さんの言うことが本当なら、みちるちゃんは故郷に帰る選択もできたはず。

彼女には、故郷に帰れない理由があるのかもしれませんね。

『続・深夜食堂』夕起子さんに、あれほどまでに親切だったみちるちゃん。
彼女は、おばあちゃんのことが大好きで、とても大切に思ってるんだな。

みちるちゃんの物語を、もっと観たくなりました。

『映画「深夜食堂」』の、スタッフ・キャスト・製作年など。

【出演】小林薫、高岡早紀、柄本時生、多部未華子、余貴美子、渋川清彦、谷村美月、森下能幸、筒井道隆、菊池亜希子、向井理、不破万作、綾田俊樹、松重豊、光石研、安藤玉恵、須藤理彩、平田薫、山中崇、宇野祥平、中山祐一朗、野嵜好美、高橋周平、中沢青六、田中裕子、オダギリジョーほか。

【監督】松岡錠司
【脚本】真辺克彦、小嶋健作、松岡錠司。
【美術】原田満生
【装飾】栗山愛
【衣装】宮本まさ江
【フードスタイリスト】飯島奈美
【音楽】鈴木常吉、福原希己江、日南京佐、スーマー。
【主題歌】「思ひで」鈴木常吉
【原作】「深夜食堂」安倍夜郎
【製作年・国】2015年、日本。

はろこ

この映画は、何かに「すがる」こともテーマのひとつかな、って思っています。
みちるちゃんは「すがる」ものを失って、もしくは「すがる」ことをやめた後で「とろろご飯」を食べたんじゃないのかな。
とろろをお箸でプツッと切った場面を観て、そんなふうに考えてました。
……違うかな?
もう一回、観てみよう。
実は私、『深夜食堂』シリーズのドラマ版をまだ観てないんです。
たくさんあるので、ゆっくり満喫できたら幸せだろうな。
オダギリジョーさんや、超わるもの役だった渋川清彦さんについて、改めて熱弁をふるいたいと思っております。