名言も印象的な映画【ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密】明日から何をすれば?テディの言葉は元気をくれました。

映画を観ていて、ラストシーンに近づくと、ちょっぴりさみしくなりませんか?

『ナイト ミュージアム』シリーズは、お名残惜しいお別れも、心に残りますね。

3作目ともなりますと、その感慨はひとしおでした。


ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密 (字幕版)

『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』の、あらすじをザックリ。

1938年、エジプトにて。
アクメンラー調査隊は、20年捜し続けたファラオの墓を発見。
貴重な埋葬品を運び出すことにも、成功しました。
キラキラ輝く黄金の石板も、ていねいに梱包されてましたね。
砂嵐の中、現地ガイドは繰り返し呟きます。
「終わりが訪れる……」と。

時は流れて、現代のニューヨーク。
改装中だった自然史博物館は、いよいよリニューアルオープンです。
呼び物の一つは、最新技術を駆使したナイト・プログラム
博物館で幻想的な世界を楽しむという、目新しくて斬新なもの。
今夜は、お披露目パーティーなのです。

順調だった事業を清算、博物館に多額の寄付をしたラリー
夜間警備員に復職した彼は、ナイト・プログラムのリーダーも務めます。

テディをはじめ、展示物たちと入念に打合せするラリー。
アックの具合が悪そうなので、ちょっぴり気がかりだけれども。
プラネタリウムを楽しむショーの、はじまりはじまり。

夜の博物館内に、満天の星空が広がります。
晩餐会の招待客は、テディの名スピーチに引き込まれてますね。

大成功。
誰もがそう確信したとき、信じられないトラブル発生。
手が付けられないありさまでした。

何か異変が起こってるのでは?

ラリーは、仲間たちが動けなくなることを案じて、さっそく調べてみたところ……。

どうやらトラブルの原因は、石板にあるらしい。
石板の秘密を知っているのは、古代エジプト王・マレンカレだけ。
直接、会って聞くしかない。

ラリーと仲間たちは、父王が収蔵されてるロンドンの、大英博物館に乗り込みます。

今回クローズアップした登場人物。お久しぶりなキャストについても、サラリと。

この映画のインタビュー記事を、いくつか読みました。
『ナイト ミュージアム』シリーズは、もう少し続く予定だったそうです。

1作目のキャストも集結した今作が、くしくも完結編となってしまう……。
不思議な偶然って、あるんですね。

かつての夜警トリオ、セシルガスレジナルド
約8年ぶりのおじいちゃんズ
ディック・ヴァン・ダイクミッキー・ルーニービル・コッブスが、ノリノリで演じてましたね。

お三方が楽しそうなので、逆にしんみりしちゃうなぁ。
ミッキー・ルーニーは、2014年4月。
93歳で、お亡くなりになりました。

考古学者の息子は、先輩警備員だった!

映画の冒頭、CJと呼ばれる、考古学者の息子が登場しましたね。
あの男の子が成長して、セシルになるんだなぁ。

セシルは、第1作でリストラされてた先輩夜間警備員ひとりです。
ラリーと仲間たちを、最後まで苦しめました。
テディを馬車で真っ二つにした、張本人です。

CJが、1938年の発掘調査に同行したのは、12歳のとき。
ということは。彼が生まれたのは、1925~’26年かな。

ディック・ヴァン・ダイクは、1925年生まれだそうです。
映画が全米公開された2014年、御年89歳!

1938年の調査隊と聞いて、はるか昔の話だなぁ、なんて思ったんだけど。
なんのなんの。
俳優さんがカメラの前に立つだけで、スッと実感できるというのは、すごいことですね。

テディを演じた、ロビン・ウィリアムズ。

セオドア・ルーズベルトは、実在した合衆国大統領です。
任期は、1901年9月14日~1909年3月4日。

ロビン・ウィリアムズが演じたのは、蝋(ロウ)で作られた、テディ・ルーズベルトですね。

これまでも、夜明けと共に動かなくなる姿を何度も見てきました。

とは言うものの。
夜なのに、石板の近くにいるのに、固まってしまうテディを見るのはつらかった!

シリーズを重ねるごとに、テディとラリーの関係性も濃密になると言いますか。
ラリーにとって、テディは大切な父親のように見えるんですが。
ほかの仲間たちにとっても、私にとっても、かけがえのないお父さんだと思ってます。

テディの名言に、心を打たれました。

旅の目的を果たした、ラリーと仲間たち。
彼らの結束は、かつてないほど固く。
ひとつの決断を下して、ニューヨークに戻ります。

明けない夜はないと言いますが……。
日の出を迎えるのが、これほどつらいなんて。
ああ、切ないよ~。

「やり終えたのだ。次の冒険が待っている」

別れを惜しむラリーに、テディが掛けた言葉ですね。

「 You’ve done your job. 」
「 It’s time for your next adventure ! 」

「 You’ve done your job. 」って、繰り返すテディが、もう……。

「よくやった」とか「お疲れさま」っていう感じでしょうか。

声にも、表情にも、慈しみが満ちていて。
心がギューッとなります。

「心を踊らせろ」

「明日から何すればいいんだか……」
こう尋ねたラリーに、答えるテディ。

「 How exciting. 」

「なんて刺激的だ」とか「ワクワクする」とか、そんな意味だと思うんですが。
翻訳が素晴らしい。

「心を踊らせろ」

今後どうしたらいいのかと、途方に暮れたとき。
テディの言葉を思い出したら、元気になれそうです。

ありがとう、テディ。

『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』の、スタッフ・キャスト・製作年など。

【出演】ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、ラミ・マレック、オーウェン・ウィルソン、スティーヴ・クーガン、ミズオ・ペック、パトリック・ギャラガー、スカイラー・ギソンド、リッキー・ジャーヴェイス、ダン・スティーヴンス、レベル・ウィルソン、ベン・キングズレー、ヒュー・ジャックマンほか。

【監督】ショーン・レヴィ
【脚本】デヴィッド・ギヨン、マイケル・ハンデルマン。
【音楽】アラン・シルヴェストリ
【製作】ショーン・レヴィ、クリス・コロンバス、マーク・ラドクリフ。
【製作年・国】2014年、アメリカ。
【原題】NIGHT AT THE MUSEUM / SECRET OF THE TOMB

はろこ

シリーズの続編については、諸説あるかと思います。
私が目にしたインタビューによりますと。
ジェドとオクタヴィアをメインにした、スピンオフ作品が作られるはずだったそう。
諸事情が重なったうえ、ロビン・ウィリアムズが亡くなられたことで、白紙になったようですね。
『ナイト ミュージアム』シリーズは……。
ドタバタコメディなんですが、人を育てるということを、決して押し付けがましくなく、あたたかみのある心で描いてる映画だと思います。