【パッチ・アダムス】主演はロビン・ウィリアムズ。フィリップ・シーモア・ホフマンが演じたのは?

主人公のルームメイト、医学生のミッチ・ローマンに惹きつけられました。

これまで彼は、羨望なんて感じることなく育ってきたんじゃないでしょうか。

ミッチの目には、ふざけて遊んでるようにしか見えなかったパッチ・アダムス
どれほど勉強しても、赤鼻をつけたピエロのほうが、自分より成績が上なんですよね。

もともと優秀で善良な青年の、心の動きをこまやかに表現するフィリップ・シーモア・ホフマン
私にいざという時がきたら、ミッチのようなお医者さんに診てもらいたいって思います。


パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー (字幕版)

寮内の暮らしは、ほとんど描かれません。

ミッチとパッチが住んでるのは、学生寮。
医科大の寮は二人部屋で、彼らはルームメイトとして知り合います。

同じ勉強会に参加してる場面はあるけれど。
寮の自室で、一緒に勉強してるシーンはありませんね。

主人公は、キャンパス内のダイナーで親しい友人と語り合ったり。
大学病院で、患者さんや看護師さんと交流したり。

ミッチとパッチが自分たちの部屋向き合う場面は、わずか二回しかありません。

不協和音と口ゲンカ

一度目は、二人の初対面のシーンです。
初めて顔を合わせたとき、うまく打ち解けられなかったミッチとパッチ。

授業がはじまり、科目試験で同じグループになったり、勉強会をしたり。
同じテーブルを囲む機会はありましたが……。

二度目は、言い争いしてしまうんです。

努めて平静を装うミッチは、心にバリアを張ってるようにも見えました。

とうとう抑えきれなくなって。
思ってること全部ぶちまける、彼の気持ちがひしひしと伝わってくるんです。

私は全然優秀じゃないのに、ミッチに共感してしまって、泣き出しそうになりました。

まるで憑き物が落ちたように、晴れやかに笑うミッチ。

ミッチ・ローマンは、脇役の一人です。
正直、出番は多くありません。

映画の終盤、頼られて嬉しそうだったり、喜んでアドバイスしたり。

どうしてそんなに晴れ晴れしいの?

理由はハッキリ分かるんですけど、過程をじっくり見たくなるほど、いい表情なんです。

『パッチ・アダムス』は

1998年に作られた、アメリカ映画です。

【監督】トム・シャドヤック
【出演】ロビン・ウィリアムズ、ダニエル・ロンドン、フィリップ・シーモア・ホフマン、モニカ・ポッターほか。


はろこ

実は、この映画にフィリップ・シーモア・ホフマンが出演してるの、まったく意識してなかったんです。
観てよかったなぁ。
モニカ・ポッターも、とても魅力的でした。