【パリで一緒に】とばっちりを受ける役を、面白おかしく演じるトニー・カーティスが絶妙です。

散々な目にあってるのに、全力で演じきる、トニー・カーティス
すっかり夢中になりました。

『パリで一緒に』は

1964年に公開された、アメリカ映画です。
監督は、リチャード・クワイン。
出演は、オードリー・ヘプバーン、ウィリアム・ホールデン、トニー・カーティス、ノエル・カワードほか。

マレーネ・ディートリッヒ、メル・ファーラー、ピーター・セラーズなど、カメオ出演も実に豪華。
音楽は、ネルソン・リドルです。

脚本家のリチャードが、何気無く言った言葉にも、生き生きと答える、タイピストのガブリエル。
彼は、出会って間もない彼女に、だんだん惹かれていくのですが・・・。

「パリ祭は、デートの約束があるの」
「フィリップと、一日一緒に過ごすの」

ガブリエルからインスパイアされたのか、
締切の迫った新作「エッフェル塔を盗んだ娘」に、まるで自分たちのような登場人物を設定しました。

その配役は・・・。
パリ祭で荒稼ぎしようと企む、怪盗リックに、リチャード。
パリ祭で賑わう街で、恋人と待ち合わせしているギャビーに、ガブリエル。
そして。
ギャビーの恋人モリスには、会ったこともないガブリエルのお相手、フィリップ

そして、脚本の執筆の進行に合せて、「劇中劇」が展開していきます。

若手俳優の、フィリップ。

ガブリエルから、話を聞いたリチャード。
フィリップにライバル心を持ったのでしょうか。

まず最初に設定した、モリスは・・・。
「男っぷりは、あまり良くない」でした。

ガブリエルは、すかさず反論します。
「フィリップは、いい男よ。
トニー・カーティスに似てるの」

そのセリフを追うように、サングラス姿のモリスが、大写しになりました。
カッコよくサングラスを外しながら、ドヤ顔してるのは、トニー・カーティス。

「えっ?・・・ええっ!」
私がビックリしてる間にも、ストーリーはサクサク進みます。

「新劇型の俳優」って?

どんな演技をする人なのか、よく分からないんですが・・・。
リチャードが目の敵にしてることは、とても伝わります。

新劇型は、セリフを口の中でモグモグ言って、脚本家が苦心した言葉のリズムを、台無しにする

ということで・・・。
新進気鋭の俳優、モリスは、「端役で終わる運命の、新劇型の俳優にしか見えない仕草」で、ギャビーに失礼な態度を取る、という設定になりました。

このモリスを演じきる、トニー・カーティスが、抜群に滑稽なんです。すごい!

セリフが、つっかえつっかえだったり、おぼつかない感じだったり。
振る舞いも、わざとらしかったり。
いかにも新劇型の演技をしていますよ、という表現だと思ったんですが・・・。
どうやら、それだけでもなさそうです。

おそらくリチャードが、あれこれ思量しながら、脚本を口述しているからでしょう。
脚本家に操られてますよ風の演技に、観ている私は、声をあげて笑ってしまいました。

モリスの受難は、まだまだ続きます。

パリ祭は一日中デート、というシーンは、早々にカットされます。

モリス、というかフィリップは、怪盗リックに、見せ場を奪われっぱなし。
ようやく出番が来ても、脇役だ、端役だと、けちょんけちょんに言われます。

劇中劇とはいえ、あんまりだ、と観ている私も思うんですが・・・。

トニー・カーティスの演技に、すっかり引き込まれて、登場シーンが待ち遠しくなるのです。


はろこ

踏んだり蹴ったりな目にあうのに、こんなに爆笑させるなんて。トニー・カーティスが大好きになりました。
『パリで一緒に』のラスト、ガブリエルはデートしています。
「そう来たか、フィリップ」なオチでした。