【パディントン】旅立ちの季節です。新しい場所で心細くてたまらない時、この物語の優しさに救われました。

春は、出会いと別れの季節ですね。

住み慣れた場所から離れたこと、おありですか?

YESのあなたは、もちろん。
NOのあなたも、この映画を観たら、涙してしまうかも知れません。

『パディントン』は

2014年に作られた イギリス映画です。
監督は、ポール・キング。
出演は、サリー・ホーキンス、ヒュー・ボネヴィル、マデリン・ハリス、サミュエル・ジョスリン、ジュリー・ウォルターズ、ニコール・キッドマンほか。

パディントンの声を演じたのは、ベン・ウィショーです。

原作は、マイケル・ボンドの『くまのパディントン』
脚本は、ポール・キング監督。
音楽は、ニック・ウラタです。

モノクロの映像が、流れます。
英国の探検家が、ペルーですごいものを見つけた、というニュースでした。
初めて見る新種のクマ。それも2頭。
しかも、なんとコミュニケーションを図ることに成功、友達になったと言うのです。
やがて。
探検家が、妻と娘の元へ帰る時が来ました。

ロンドンに来たら、温かく歓迎するよ。
私は、クマから多くを学んだ。
彼らは私から、何か学んだろうか?」

ニュース映像は、ここで終わります。

それから、何年も過ぎ・・・。

ここが世界一、いい所なのに。

ルーシーおばさんから、台風坊やと呼ばれたクマ
パストゥーゾおじさんとルーシーおばさんと一緒に、楽しく幸せに暮らしています。

オレンジが、いい香り。
やっと熟して、食べごろです。
ルーシーおばさんが作るマーマレードは、探検家のより美味くて・・・。

「いつかロンドンに持って行きましょ」

パストゥーゾおじさんとルーシーおばさんは、40年もそう言ってるけど、なかなか実現しないんだとか。

その気持ち、彼には、今ひとつ分かりません。
「ここが、世界一、いい所なのに」

非常事態・発生!

ある晩、思いも寄らない状況になりました。
彼とルーシーおばさんは、世界一、いい所を離れなくてはなりません。

「どうしよう」
途方に暮れていると、ルーシーおばさんが、あることを思いつきました。

「ロンドンで、新しい家をお探しなさい」

彼は、心細くてたまりません。
「知り合いも、いない。クマは嫌われるかも」

ルーシーおばさんは、こう励ましました。
「昔。探検家の国で、戦争があった時。
大勢の子供たちが、旅に出されたの」
あの国は、よそ者に優しいはず。
気をつけてね。お行儀よくするのよ。
どうか無事で」

こうして彼は、たった1人で、ロンドンを訪れる旅人になったのでした。

お行儀よく挨拶する姿に、涙がとまりません。

幸運にも、ロンドンのパディントン駅に、たどり着けました。

駅のホームは、たくさんの人が足早に往来しています。
小さなクマが、お行儀よく挨拶しても、誰も答えてくれません。

挨拶を続ける彼の顔に、知らないおじさんのカバンが直撃しますが、そのまま行ってしまいました。

・・・もうダメだ。
ずっとこらえていましたが、切なくなった私の目から、ぽろぽろと涙がこぼれます。

「LOST & FOUND」の表示。

とっぷりと日が暮れて。
人気のない駅のホームで、しゃがみ込んでる小さな姿。

時計の針は、20時27分。
駅の構内でアナウンスが流れます。
「乗客の皆さん、お荷物を忘れずに。
持ち主不明のものは、処分いたします」

困っていると、列車がホームに入ってきて、4人家族が、歩いてきました。

挨拶しましたが、通り過ぎてしまいます。

「ヘンだな。何か間違えたかな?」
すっかりクタクタになって、座り込んでしまう彼。
ため息をついていると、ゆっくり近づいてくる靴音が・・・。

引き返して、挨拶してくれた人は初めてです。
離れた場所から、家族が彼女を呼びました。
「メリー」
「ママ!」

立ち上がって、もう一度、お行儀よく挨拶する彼。

・・・ああ、よかった。
いたわるような優しいメリーさんの言葉に、私は涙をぼろぼろ流してしまうのでした。

この場面、本当に大好きです。
心細くてたまらない時、『パディントン』を観ると元気になれます。


はろこ

パディントンの身長は、107cm。
勝手に、5才位の男の子、だと思い込んで、ブラウン家に落ち着くまで、何度も泣いてしまいました。
よく考えたら、あんなに紳士的な5才児は、いませんね。
彼が何才でも、いい子だなと思います。