【ヤング・アダルト・ニューヨーク】真面目Ver.のベン・スティラーは「老い」への不安に手加減なし。

この映画が伝えたいのは、これじゃないとは思うのですが・・・。

あえて目をそらしている年を取ることの恐ろしさを、これでもかと実感させられます。

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』は

2014年に作られた、アメリカ映画です。
監督は、ノア・バームバック。
出演は、ベン・スティラー、ナオミ・ワッツ、アダム・ドライバー、アマンダ・サイフリッド、チャールズ・グローディン、アダム・ホロヴィッツ、ブラディ・コルベット、ジェームズ・サイトウほか。

脚本も、ノア・バームバック。
原題は、『WHILE WE’RE YOUNG』です。

ジョシュは、ドキュメンタリー映画の監督です。
ずいぶん前から編集している作品を、納得のいくクオリティだと思えない、彼。
いつまで経っても、完成させることができません。

妻のコーネリアは、映画のプロデューサー。
高名なドキュメンタリー映画監督の、娘でもあります。
仲むつまじい夫婦ですが、彼は義父に、ギクシャクしたものを感じているようでした。

ジョシュは、カルチャースクールの講師も、しています。
とある講義後、聴講生のジェイミーと彼の妻ダービーから、話しかけられますが・・・。

年齢にこだわる姿を見るのはツラい。

ベン・スティラーのコメディ映画?
面白そう!
と思って観たのですが、ジェネレーション・ギャップを描いたコメディは、笑うどころかツラかった・・・。

ジョシュとコーネリアは、40代。
ジェイミーとダービーは、20代です。

たとえば、ジョシュが関節炎と診断される場面がありました。

ジェイミーと同じ事をしただけなのに!
若い人は、ならない症状だろう?

「関節炎は、42才でも44才でも起こります」
診察室で、ヒザ関節の劣化や視力や年齢などなど、先生相手に素直になれないジョシュ。

彼の気持ちも分かりますし、みてられない気分にもなりますし・・・。
いろんな感情がグワッと押し寄せてきて困りました。

ほかにも容赦ないシーンが多くて・・・。
「さすが、ドキュメンタリー監督だな」と、映画の世界や役回りを混同して、訳の分からない感情まで込み上げてくる始末です。

ヒトゴトだと割りきれない、リアルでシビアな作品だと思いました。


はろこ

もしも私がハタチの頃に観たら、どう感じるでしょう。
確かめようがないからこそ、興味深いです。
コーネリアや、友人たち。
世代も性別も異なるのに、それぞれが写し鏡のようにも思えました。