女の子ものがたり|深津絵里演じた菜都美の女の子だった頃

30代の独身漫画家高原菜都美は、仕事も人生もスランプの真っ只中
締め切りを落としそうになったって、描けないものは描けません。
年下の編集者から、ガツンとくることを言われた菜都美は・・・。

いい思い出も、そうでなかった思い出も、記憶の糸をたぐってみると、友だちの姿が現れませんか・・・?

誰にでもある、かつて○○だった頃

彼女が思い浮かべたのは、かつて女の子だった頃のこと。

小学生の菜都美は、海も山も見える小さな町に引っ越してきました。
転校先のクラスには、いろんな子がいます。

私は、スクールカーストという言葉の響きも、どうも苦手なのですが、そう目新しいものではなくて、大昔から目に見えなくても、たしかに、あるものだったと思うんです・・・。

菜都美はなっちゃんになり、きいちゃんみさちゃんと、友だちになりました。

子供にとってのあたりまえは、ハタから見るとビックリ仰天、なんてご記憶ありませんか?

3人なかよく笑っていても、ふっと菜都美が顔を出し、不安な気持ちになるなっちゃん

高校生になっても、3人は一緒でした。
子供のちょっとしたイタズラは、コドモのヤンチャに華麗にスライド。
ビックリ仰天どころでは、収まりそうにありません。

いつも一緒だったけど、知らないことも増えていきます。
コドモからオトナになるときは、いろんな出会いがありますし、少しずつズレてしまったり、離れてしまったり・・・。

「この町の女の子は、大人になったら、みんないなくなる。」

ときにエキセントリックで残酷な登場人物たちは、良きにつけ悪しきにつけ、人間臭さを持っていました。

なっちゃん、きいちゃん、みさちゃんの、大人になる日が近づいていて・・・。

世代ごとに、いろんな人が演じました。

小学生の3人は、
なっちゃん(森迫永依)
きいちゃん(三吉彩花)
みさちゃん(佐藤初)

高校生の3人は、
なつみ(大後寿々花)
きみこ(波瑠)
みさ(高山侑子)

そして、大人になった菜都美を演じたのは、深津絵里。

彼女の持つ透明感が、主人公のみならず登場人物とストーリーのアクの強さに、相乗効果をもたらすのでしょうか。

少々ヤンチャが過ぎる場面もありますし、思わず視線をそらしてしまう場面もあるのですが・・・。

コドモからオトナへと成長する、女の子の良い面と悪い面をしっかり描いた作品でした。

はろこ

友だちに、会いに行きたくなりました。

「女の子ものがたり」の映画情報

公開2009年、日本
監督森岡利行
出演深津絵里
大後寿々花
波瑠
高山侑子
森迫永依
奥貫薫
板尾創路
福士誠治
ほか
原作西原理恵子の『女の子ものがたり』
音楽おおはた雄一

こちらの記事もおすすめです