箱入り息子の恋|星野源が演じる恋に不器用な男の純愛物語

星野源演じる天雫健太郎が、不器用に傷つきながらも真っ直ぐにその思いを伝えようと奮闘する純愛ラブストーリー。

「箱入り息子の恋」は、清純恋愛映画好きなら見逃せない、共感して感動できるラブロマンスコメディ映画です。

「箱入り息子の恋」のあらすじ

主人公の天雫健太郎(星野源)は、内向的な性格で恋人はおろか、友達もペットのカエルしかいない純情な35歳。

心配した両親は代理見合いを決行します。
そこで見つけたお相手と健太郎はお見合いをすることになのですが…。

内気で人と対話することが苦手な二人。

初めての恋の感情に振り回されながらも向き合い、懸命に相手を愛そうとします。

この波乱だらけの箱入り息子の恋の行方はどうなるのでしょう?

天雫は「あまのしずく」と読みます

珍しい苗字です。
家系図を広げるシーンもありました。

健太郎さんは、市役所にお勤めです。
毎日きっちり記録課の業務をこなしていますが・・・。

周りからは、変わり者認定されているようです。

観ている私も、だいぶこじらせるなあ、と感じましたが、キーポイントのひとつでした。

健太郎さんの原動力は奈穂子さん

夏帆演じる今井奈穂子さんは、清楚で美しい女性です。

内面の美しさが外見に現れている、素敵なお嬢さん。
けれども、彼女の魅力は、それだけではありませんでした。

ある雨の日。健太郎さんは、とても男前な行動に出ました。

なんてカッコいい。
そんな事しちゃうんだ、健太郎さん。

なんだか気恥ずかしくもあって、ついニヤニヤしてしまう場面です。

健太郎さんが奮闘し続けられる源は、いつだって奈穂子さんでした。

大事にされたい、大事にしたい。
そんな気持ちが呼び起こされる映画です。

はろこ

宝物にしたいくらい、あったかい物語が描かれていました。

「箱入り息子の恋」の映画情報

公開2013年、日本
監督市井昌秀
出演星野源
夏帆
平泉成
森山良子
大杉漣
黒木瞳
古舘寛治
ほか
音楽高田漣
主題歌熱の中(高田漣 feat. 細野晴臣)

こちらの記事もおすすめです