【ミスティック・リバー】容赦ないイーストウッド監督と、名優の共演に圧倒される、濃密なサスペンス。

あまりにも苛酷すぎる運命に、逆らいきれず呑み込まれてしまう、幼なじみを中心に描いた作品です。

『ミスティック・リバー』は

2003年に作られた、アメリカ映画です。
監督は、クリント・イーストウッド。
出演は、ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケヴィン・ベーコン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ローラ・リニー、ローレンス・フィッシュバーンほか。

原作は、デニス・ルヘイン。
脚本は、ブライアン・ヘルゲランドです。

アメリカ。ボストンにある、小さな町。
車通りの少ない路上で、ちびっこ達が遊んでいます。
ホッケーでしょうか。
3人とも仲が良くて、気の合う幼なじみのようですね。

そのうちに。
ヤンチャそうなジミーが、大人に見付かったら怒られるようなコトを、始めました。
ちょっぴり気後れしたものの、デイブショーンも、一緒になってイタズラしてしまいます。
そこへ、1台の車がやって来て、子供たちに注意するのですが・・・。

初めて、最後まで観ました。

名作の誉れ高く、監督もキャストも、大御所ばかり。
これまでも何度か、観ようとチャレンジしました。

とても有名な作品です。
なので観たことがなくても、愉快な映画じゃないことは、いくら察しの悪い私でも、さすがに分かりました。
ハートウォーミングな要素はない、かも知れないなあ・・・。

残酷なものを観ると、たわい無く心折られてしまう私。
それでも、惹かれました。
名優による、重厚なヒューマンドラマを、どうしても観たかったのです。

尋常じゃない虚無感に、さいなまれるかも知れません。

仲のよい子供たちの姿に、「大人になったら、どの子を誰が、演じるのかなあ」なんて、取るに足らない想像をしていました。

「ジミーは、ショーン・ペンかな?」
「デイブとショーンは、まだ分からないな」
のんきに構えていられたのは、ここまでです。

のっけから許しがたいことが起きました。
つらい。

人間の尊厳を、人間が奪う。
いいえ、もはや人間のように見えるバケモノです。

幼いデイブに続いて、大人になったジミーにも、悪夢のような出来事が襲いかかります。

ショーンが、ひたひたと真相に近付くのを、祈るように見入る私。
「どうか間に合いますように」
「きっと大丈夫」
どんでん返しを、信じたのですが・・・。

クリント・イーストウッド監督は、許しがたい、もの・ことを、表現し続けているのかも知れません。


はろこ

あんなにも絶望的に聞こえる「dream」や「youth」があるなんて・・・。
字幕では「dream」=夢。
「youth」=青春と、翻訳されています。