映画で英語を学ぼう【ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密】ヒュージ・アックマンって、なんだろう?

有名人のカメオ出演も楽しみな『ナイト ミュージアム』シリーズ。

今回は、ヒュー・ジャックマン
ご本人役で出てますね。

ニューヨークからロンドンに舞台を移した、第3作。

初めて息を吹き返した円卓の騎士は、本物と偽物に戸惑い、混乱します。

キャメロット城を目指したランスロットが、たどり着いた先で起こした騒動は?
彼に巻き込まれたものとは?


ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密 (字幕版)

『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』の、あらすじを簡単に。

現代のニューヨーク。
自然史博物館は、リニューアルオープンのお披露目パーティーで、大騒動を起こしてしまいます。

新設されたばかりの、最新技術を駆使したナイト・プログラム
そのシステムが、まさかの誤作動。

何か異変が起きてるのでは?

最新技術のプログラム、なんて表向きのこと
自然史博物館の展示物たちは、ファラオの石板の魔力によって、夜な夜な自由に動き回ってるんです。

展示物たちと秘密を共有している、夜間警備員ラリー
心当たりを調べた結果、こう考えました。

古代エジプト王は、石板の秘密を知ってる。直に会って聞くしかない。

ラリーと仲間たちは、ファラオが所蔵されている、ロンドンの大英博物館に向かいます。

なんとか潜入に成功した自然史博物館チーム
初めて息を吹き返した大英博物館の展示物たち

久しぶりに親子水入らずひとときを過ごす、アクメンラー
体の硬直に悩まされながら、みんなの支柱であり続けるテディ

そして……。

今回クローズアップした登場人物は、こちら。

第1作の出演者、全員集合してるんじゃないかしら。
それに加えて、大英博物館サイドも豪華でしたね。

古代エジプト王の貫禄たるや。
人間的重々しさに溢れてました。
いや、あの。ミイラさんに対して不適切な表現だったら、ごめんなさい。

ラミ・マレックのお父さん役が、ベン・キングズレー
すごいキャスティングです。

円卓の騎士に扮した、ダン・スティーヴンス。

アーサー王と、円卓の騎士。
湖の騎士、とも呼ばれるランスロット

彼は伝説上の人物だったって、ご存じでした?
私は、実在する人物だと思い込んでました。
牛若丸や、聖徳太子のようなイメージで。
そうか、現実には存在しないのか……。

なので、というのも変なんですが。

ランスロットが、テディやアックに本物と偽物について話すシーン
ヒュー・ジャックマンの前で、支離滅裂になっちゃう場面

ランスロットの戸惑いが、なんとなく分かるような気がするんですよね。
ちょっと切なくなりました。

自由奔放な一面もあるけど、正義感は本物で、どこか憎めないところがあるんだな。

そんな彼を演じた、ダン・スティーヴンス
レヴィ監督は、彼のことを「スーパーハンサム」って評してました。

確かに、端正なお顔立ち。
しかも絶妙なタイミングで、バカっぽい演技をなさるとこも最高でした。

舞台公演中の、ヒュー・ジャックマン。

ロンドンの劇場で、アーサー王を演じていたヒュー・ジャックマン

いきなり舞台に乱入してきたランスロットに、ひるむことなく対応してるところ。
パブリックイメージどおりのヒューだなぁって、しみじみ思いました。

台本がキッチリあるのか、アドリブなのか、私には知りえないことだけど。
それでも、あれこれ想像して、何だか楽しくなりました。

乱入者を撃退しようと、アーサー王の扮装でウルヴァリンを演じちゃうところ。
心が和むシーンだなぁ。

ヒュージ・アックマン?

ランスロットが、自己紹介したヒュー・ジャックマンに、言い放ったセリフでした。

単なる言い間違え?

おそらく意味のないセリフなんでしょうね。

ランスロットは、テディが自己紹介したときも「意味は分かりかねる」って言ってました。
聞き覚えのない言葉を耳にしたとき、こんな反応になってしまう。という表現なのかもしれません。

まさか、著名なアクティビスト?

アックマンさんといえば、物言う投資家と呼ばれる方もいらっしゃいますね。
アメリカの投資家、ビル・アックマン氏。

この映画が作られた頃、いくつもの企業の株主だったんですね。
不勉強な私は、よく存じ上げなくって、お恥ずかしいことです。

もしかしたら「Huge acumen」かも?

直訳するなら、巨大な洞察力かな?

Huge=巨大な、莫大な、大きい、たいした。

acumen=鋭い洞察力、眼識、明敏。

「acumen」だけだと、「アキュメン」って聞こえますね。

「Huge acumen」になると、「ヒュージアッキュメン」って聞こえませんか?

たいした発見でもないのに、私は勝手にワクワクしてしまいました。

ランスロットが起こした騒動。ヒュー・ジャックマンが見せた反応。

ショーン・レヴィ監督いわく。
『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』は、「彼らの存亡を懸けた戦い」を描いているそうです。

もちろん「彼ら」とは、ラリーやテディ、アックやニッキー……。
この映画に登場する、すべてのキャストのことなのでしょうね。

そう言われて見ると、ホントにそう思いました。

ランスロットが支離滅裂になったのも。
ヒュー・ジャックマンが、冷静に対応したのも。

彼らの存在意義を守るため、でもありますよね。
深いなぁ。
ほかのキャストは、どうだったかしら。

繰り返して観たくなる映画だと思います。

『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』は、2014年に作られた、アメリカ映画です。

【監督】ショーン・レヴィ
【出演】ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、ラミ・マレック、オーウェン・ウィルソン、スティーヴ・クーガン、リッキー・ジャーヴェイス、ダン・スティーヴンス、レベル・ウィルソン、ベン・キングズレー、ヒュー・ジャックマンほか。

はろこ

そういえば。ヒュー・ジャックマンも、ダン・スティーヴンスも、『X-MEN』のメンバーを演じてるんですね。
ヒュー・ジャックマンのウルヴァリン、私も大好きです。
ダン・スティーヴンスのレギオンは、チャンスに恵まれなくて未見なのです。観たいなぁ。
以前、テディの名言について熱弁をふるってしまったんですが。
まだまだ、彼の名言をご紹介したくなりました。