【タイタニック】ジャックの、人生最大の岐路は、ローズが救命ボートから飛び降りた瞬間?

おこがましくもジャック・ドーソンの運命について、あれこれ考えております。

あのときローズが、救命ボートから飛び降りたりしなければ、ジャックは生き延びられたのでは?と思うのですが、いかがでしょうか。

『タイタニック』は

1997年に作られた、アメリカ映画です。
監督は、ジェームズ・キャメロン。
脚本・製作・編集も、兼ねました。

出演は、レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼイン、デイヴィッド・ワーナー、フランシス・フィッシャー、キャシー・ベイツほか。

ジェームズ・キャメロン監督は、すごい

脚本・製作・監督・編集。
二足のわらじでさえ素晴らしいのに、さらに倍です。

*ストーリーを考え
*プロデュースし
*ディレクションし
*1本の映像作品にする。

映画を完成させるには、たくさんのスタッフが必要だと、耳にしたことがあります。
私が知っているだけでも、キャメロン監督は、

*膨大な資料や文献を読み
*タイタニック号が沈没した海底も調査し
*撮影のため、実物大のタイタニック号を建造しました。

そのうえ、ジャックがローズをデッサンしたものは、監督自ら描いたそうです。
(画面に映り込むは、監督の手である、という逸話があるのです。)

凄まじいまでの情熱が込められています。

その監督が「ジャックは死なねばならなかった」と、おっしゃっていました。

ジャックが見た最期の日没は、ローズと見たあの日没以外、あり得ないのです。

そこまで分かっていながら、まったく野暮な事を、いけしゃあしゃあと書いてしまって、面目次第もございません。

よろしかったら、今しばらく、お付き合いくださいませ

ジャック・ドーソン、生涯最大の岐路は、ローズが救命ボートから飛び降りた瞬間です。

海面へと降りていく、ローズの乗った救命ボート。
甲板に残り、見送るジャック。
その、切ないような、安堵したかのような表情は、美しく穏やかで・・・。
観ている私の心は張り裂けそうでした。

感極まりつつも私は、このようにも考えていたのです。

「ローズが満ち足りた人生を送れるよう、あんなにも細やかな心づかいをする、ジャックのことだ。

多くのものを失うローズを守り続ける為に、自分が生還できる方法を、全力で考え成功させるに違いない

大丈夫。
タイタニック号の男性生存率は、ゼロじゃなかった
当時の価値観で、卑怯者だと悪く言われようとも、たとえ三等客室の乗客だろうとも。

大丈夫、きっと生還できるはず。」

そう思った矢先、なんとローズがタイタニックに飛び移ってしまいました。

ジャックじゃなくても、「何やってるんだ」と叫びたくなります。

彼は、愛情込めて「バカだよ、君は」と、泣きながら抱き締めましたが、観ている私は「ほんとだよ」と泣きたくなりました。


はろこ

海面に投げ出された後も、ジャックは生きていました。2人ではひっくり返った「あのドア」も、ジャック1人なら、しがみつけたのではないでしょうか・・・。