2月22日は、猫の日。【猫侍】北村一輝のイメージが、ガラリと変わった作品です。

「猫の日」は、国によって様々だそうですが、日本の「猫の日」は2月22日ですね。

猫がメインキャラクターの時代劇といったら・・・。

『劇場版「猫侍」』

2014年に公開された 日本映画です。
監督は、山口義高。
出演は、北村一輝、蓮佛美沙子、戸次重幸、横山めぐみ、小野寺昭ほか。

2013年10月から放送されたテレビドラマ版を、「完全独立オリジナル・ストーリー」で映画化した作品です。(ドラマ版の監督は、渡辺武。)

幕末の江戸。
斑目久太郎は「まだら鬼」の異名を持つ剣豪ですが、仕官が叶わず「傘張り」の内職で細々と暮らしています。
ある日、大金と引き換えに「猫を暗殺してほしい」という、奇妙な依頼が舞い込んで・・・。

「犬派」と「猫派」の「仁義な」くもない「戦い」

犬をこよなく愛する米沢一家、の若頭 米沢三郎太が、大抗争の発端です。
戸次重幸さんが、絶妙に演じました。

・・・米沢一家の親分さんは、本当に犬が好きなんですよね。

「玉之丞を斬る」なんて、どだい無理な相談です。

「猫派」相川一家の親分さんが飼っているのが、白猫の玉之丞(たまのじょう)です。

美しくて愛くるしくて。
つぶらな瞳に見つめられたら、どんな鬼でもイチコロです。

あなごさん、さくら(若)さん、さくら(大人)さん。
シーンによって「3匹のにゃんこ」が、玉之丞を演じ分けていたそうです。

こわ~い顔の、かつて「百人斬り」と恐れられた浪人。

斑目久太郎(まだらめ きゅうたろう)を演じたのは、北村一輝さん。

北村さんを初めて知ったのは、たしか大河ドラマ『北条時宗』の「平頼綱」役だったと思います。
とにかくこわいというイメージが強烈すぎて・・・。

強面の斑目久太郎が、あれほど丁寧に玉之丞を抱き上げるなんて、とっても意外だったのですが、さらに意外な展開が・・・。


はろこ

テレビドラマ版からの『猫侍』ファンなのですが・・・。
斑目久太郎が歌う『まだら鬼のテーマ』が、最高なんです!
北村さんを「こわい」と思えなくなりました。