映画の名言【ショーシャンクの空に】ティム・ロビンス希望へのセリフ

人間の心は石で、できてるわけじゃない。
…心の中には何かある。
だれも奪えないある物が…。君の心にも。

はろこ

アンディの、希望を持ち続けようとする姿勢に、心うたれるシーンでのセリフです。
ショーシャンクの空に:Amazon商品ページへ

アンディの希望を持ち続けようとする姿勢に心うたれるシーン

映画の中盤。
ティム・ロビンスが演じるアンディは、懲罰房に2週間、入れられてしまいます。

アンディが、自分の房に戻った翌朝。
朝食の席で、仲間たちと久しぶりに顔を合わせました。
和気あいあいと会話する仲間たち。

ふいにアンディは、信念に基づく発言を口にしました。

人間の心は石で、できてるわけじゃない。
…心の中には何かある。
だれも奪えないある物が…。君の心にも。

ショーシャンク刑務所で獄中生活を送る人にとっては、ある意味、危険な発想でもある希望について語るシーンです。

映画の根底に流れるメッセージ

アンディが、2週間の懲罰房おくりになったキーポイントは「希望」だと思うんです。

図書係になったアンディは、希望を持ち続け、念願かなって、希望の象徴のようなものを手に入れました。

自分ひとりで堪能するんじゃなく、みんなと希望を分かち合いたい。

その気持ちを実践したアンディは懲罰を受けることになります。

はろこ

「希望」は、映画の根底に流れるメッセージだと思いました。
ショーシャンクの空に:Amazon商品ページへ

こちらの記事もおすすめです

映画ショーシャンクの空に|若きエリートがなぜ地獄の刑務所に

「ショーシャンクの空に」の映画情報

公開1994年、アメリカ
監督フランク・ダラボン
出演ティム・ロビンス
モーガン・フリーマン
ウィリアム・サドラー
ジェームズ・ホイットモア
ボブ・ガントン
クランシー・ブラウン
ほか
音楽トーマス・ニューマン
原題The Shawshank Redemption
原作スティーヴン・キング
『刑務所のリタ・ヘイワース』

こちらの記事もおすすめです

映画ショーシャンクの空に|若きエリートがなぜ地獄の刑務所に