【ミニヴァー夫人】バラの名前にしたくなるのも納得できる、女性の鑑のような人。

今から70年以上も前に作り出された、架空の人物、ミニヴァー夫人。
お手本にしたい、理想の女性像は普遍的なのかも知れませんね。

『ミニヴァー夫人』は

1942年に作られた、アメリカ映画です。
監督は、ウィリアム・ワイラー。
出演は、グリア・ガースン、ウォルター・ピジョン、テレサ・ライト、リチャード・ネイ、デイム・メイ・ウィッティ、ヘンリー・トラヴァース、クレア・サンディス、クリストファー・セヴェリンほか。

音楽は、ハーバート・ストサート。
製作は、シドニー・フランクリンです。

1939年の夏。
ロンドン近郊の、のどかな村ベルハム

ケイ・ミニヴァーは、建築家の夫クレムと3人の子どもに恵まれて、幸せに暮らしていました。

ロンドンで、素敵な帽子を買った日。
嬉しい申し出を受けました・・・。

バラのような人。

ベルハム駅長のバラードさんは、趣味のバラ作りを、鉄道の仕事より、大事に思っていました。
あるとき、色も、形も、香りも、素晴らしい、美しいバラを育てます。

まだ名前のない、この自信作の赤いバラに、
ミニヴァー夫人の名前をつけたいので、承諾してもらえないか?
という申し出をします。

「赤いバラは好きなの」という、ミニヴァー夫人。
自信作の名前を「私が考えるのね?」と思っていたので、ビックリしてしまいます。

バラードさんは、こう続けました。

「奥さんが改札を通るたびに見ていました。
いつも私に、声をかけてくださる。
それが、嬉しくてね。
バラのような方だし。それで、お名前を」

「とても光栄だわ」
「ありがとう」
ミニヴァー夫人は、満面の笑顔で、こう答えたのでした。

外見の美しさだけで、バラに名前がついたんじゃないことが分かる、この場面。
とても印象に残ります。

「賢い奥さんだ」「恐れいります」

ミニヴァー家の大黒柱、クレム。
村で一番美人の奥さんを持つ、建築家です。

ロンドンで、ケイが高価な帽子を買った日。
クレムも、大きな買い物をしていました。

予算オーバーだけど、新車並みいい車。もちろん、ケイには秘密です。
簡単には言い出せません。タイミングが重要です。

言葉を選びながら、どうにかこうにか打ち明けて、二人でドライブに出かけました。

帰宅して、クレムは、ケイに話します。
「浪費と非難されるかと・・・」

「たまには浪費も悪くないわ」
ケイは、優しく答えます。

安心したクレムは、さらに続けました。

「本当に欲しい物を、パッと買うのは、楽しいものさ」
「カネなんてのは、人生を楽しむために、あるんだからね。使ってこそさ」

そこで、ケイは、帽子のことを話します。
お互い、値段は秘密ですが・・・。

「じゃ、高いの?」
と聞くクレムに、ケイが答えました。
「あなたの車ほどでは」

二人とも、自分のしたことは浪費と言うけど、相手を責めることはありません。
会話の続きをもう少し。

「ケイ、君は実に美人だ」
「うれしいわ」
「結婚した頃より美しい。なぜかな」
「それはね、幸せだから」

映画『ミニヴァー夫人』の1日目は、以上です。
おはなしは、続きます。


はろこ

実は。
ベルハムの人々にとって、バラには「意味」があるんです。
詳しいことは、またの機会に改めますね。