【ロッキー・ホラー・ショー】カルトムービーのパイオニア的、ブラックコメディ・ミュージカルの傑作です。

第75回ゴールデングローブ賞の、ノミネーションが発表されて、数日経ちました。

スーザン・サランドンの名もありますね。
『フュード/確執 ベティ vs ジョーン』。
残念ながら私は、まだ観ることができないので・・・。

絶大なインパクトを誇る、SF・ホラー・ロックンロール・ミュージカル・コメディは、いかかでしょうか?

『ロッキー・ホラー・ショー』は

1975年に作られた、イギリス映画です。
監督は、ジム・シャーマン。
出演は、ティム・カリー、スーザン・サランドン、バリー・ボストウィック、リチャード・オブライエン、ミート・ローフ、チャールズ・グレイほか。

脚本は、原作者リチャード・オブライエンとジム・シャーマン監督。
音楽は、リチャード・ハートレイ。

リチャード・オブライエンの、舞台『ロッキー・ホラー・ショー』を、映画化した作品です。

さぁ、ミュージカルの始まりです。
ブラッドとジャネットは、婚約ホヤホヤの幸せなカップル。
恩師に報告に行こう、と車に乗り込みましたが、途中でトラブルに見舞われます。
幸運にも、古城がありました。
電話を借りようと、訪れたのですが・・・。

奇妙キテレツな世界。

思いもよらないほど、奇抜な映画です。

奇想天外とか奇妙きてれつという言葉。
それまで聞いたことはありましたが、こういうことか!と実感したのは、この映画を観たときかも知れません。

初めて観たのは、高校生の頃だったかと思うんですが・・・。
眠れない夜、テレビをつけたら、衝撃的な格好をした人が、歌っていました。

古城の主、フランクン・フルター博士です。
後から知りましたが、彼がティム・カリーです。

ジャネットを演じたのが、スーザン・サランドン。

突拍子もないストーリーを、体当たりで演じています。

『デッドマン・ウォーキング』の、20年前の映画ですね。

素敵な年齢の重ね方をしていて、今も美しいと思うんですが、『ロッキー・ホラー・ショー』の彼女は、とてもかわいいんです。

ホラームービーですが、恐怖映画ではありません
登場人物それぞれ、すさまじく強烈です。
みんな、歌って踊ります。

原題は『THE ROCKY HORROR PICTURE SHOW』です。
ロックンロール、ばんざい。


はろこ

ちょっと気分が沈んだので、久しぶりに観てみようかなと思ったんですが。
現実に戻れたのかどうか、少しだけ心配です・・・。