劇場公開が待ち遠しい。【カツベン!】竹中直人・渡辺えり・永瀬正敏が揃う、あのシーンはどこ?

2019年12月13日(金)公開予定の『カツベン!』。

周防正行監督の、5年ぶりの新作ですね。
今回のテーマは、活動弁士=カツベン

今から、およそ100年前
映画が活動写真と呼ばれていた時代の物語。

現代の日本を代表する映画監督のひとり、周防監督が魅せる極上のエンタテインメント作品とのことです。

おお~。
なんだかワクワクしてきました。

『カツベン!』って、どんな映画かな?

およそ100年前。
洋邦問わず映画には、音声音楽も入ってませんでした。
サイレント映画とか、無声映画が主流だったんですね。
映画は活動写真と呼ばれていました。

無音で上映されるフィルム。
楽士の奏でる生演奏
活動弁士の個性によって、少しどころか、全く異なる語り解説

周防監督いわく、映画館はライブパフォーマンスの会場だったとのこと。

うわっ、面白そうです。

活動弁士を夢みる若者と、個性豊かな曲者たちと、トラブルと……。

子供の頃、活動写真小屋で観た活動弁士に憧れていた青年

ニセ弁士となりインチキを働いていましたが、嫌気がさして泥棒一味から逃亡。
流れついた町の映画館で、ホンモノの活動弁士になれるのか?

という物語のようですね。
笑いあり、あり、アクションまである、極上エンタテインメント作品とのことです。

アクション!?

主な登場人物は?

今作のテーマは、しゃべりのスーパースター
豪華なキャストが一堂に会してます。

主人公は、染谷俊太郎(成田凌)。

活動弁士を夢見る青年、染谷俊太郎(そめや しゅんたろう)。
彼を演じる成田凌さんは、オーディションを勝ち抜いて、映画初主演を務められるそうです。

一度は諦めかけた夢に、再び挑戦する俊太郎
どんなトラブルが待ちうけているのでしょう。

成田さんは、たしか美容師免許をお持ちなんですよね。
これまでの出演作は『キセキーあの日のソビトー』や『劇場版コード・ブルー』など。

弁士のイメージがなかったので、すごく楽しみです。

ヒロインは、栗原梅子(黒島結菜)。

女優を夢見る、俊太郎の初恋相手。
栗原梅子(くりはら うめこ)に扮するのは、黒島結菜さん。

女優さんが、女優を夢見る役を演じる。
いろんな思いが込められてるんだろうな。

木村忠義(竹野内豊)は、キーマンとなる?

ニセ活動弁士を追う、熱血刑事。
木村忠義(きむら ただよし)を演じるのは、竹野内豊さん。

私が観たシーンでは、独特のも絶妙な、コミカルな演技が印象的でした。

元は芝居小屋の映画館、青木館の皆さん。

とある町の映画館、青木館(あおきかん)。
館主の青木富夫(竹中直人)。
青木の妻、豊子(渡辺えり)。
活動弁士の、山岡秋聲(永瀬正敏)。
同じく弁士の、茂木貴之(高良健吾)。
楽士の、金造(田口浩正)、耕吉(正名僕蔵)。

周防監督作品の常連さん、初参加の方。
バラエティに富む、豪華キャストですね。

橘重蔵(小日向文世)、橘琴江(井上真央)、二川文太郎(池松壮亮)。
ほかにも大勢、出演されてます。

はろこ的おすすめポイント

竹中直人さん、渡辺えりさん、永瀬正敏さん。
このお三方が揃ったシーンの、メイキング映像を観まして。
もう、最高でした。

どうやらNGになったようなんです。
竹中さんのお芝居に、必死で笑いをこらえる渡辺さん&永瀬さん。

なかでも永瀬さんが、そのまま続けようとなさる表情も、素晴らしい。

映画館主と、気の強い妻
そして、大酒飲みの酔っ払い弁士

あの場面、もしや真面目なシーンなのでは?
すごく気になる、とても楽しみです。

『カツベン!』の、スタッフ・キャストなど。

【監督】周防正行
【脚本】片島章三
【音楽】周防義和
【エンディング曲】奥田民生「カツベン節」

【出演】成田凌、黒島結菜、永瀬正敏、高良健吾、音尾琢真、山本耕史、池松壮亮、竹中直人、渡辺えり、井上真央、小日向文世、竹野内豊、徳井優、田口浩正、正名僕蔵、成河、森田甘路、酒井美紀ほか。

はろこ

映画についての情報が、日ごとに解禁されますね。
いよいよ!って感じ、ワクワクが止まりません。
公開まで、あとわずか。
これまでの周防監督作品を観て、待機したいと思います。