【ミス・ポター】湖水地方を守ったのはピーターラビットだった!? 絵本作家の半生を描いた伝記映画。

絵本『ピーターラビットのおはなし』は、今から100年以上も前に、イギリスで出版されました。
ファン待望の実写版、映画『ピーターラビット』の、日本公開は今年5月ですね。

心待ちにされているあなたは、もちろん。
ピーターラビットって?な、あなた。

絵本作家、ビアトリクス・ポターの半生を描いた作品は、いかがでしょう。

『ミス・ポター』は

2006年に作られた イギリスとアメリカの合作映画です。
監督は、クリス・ヌーナン。
出演は、レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー、エミリー・ワトソン、ルーシー・ボイントン、ビル・パターソン、バーバラ・フリン、ロイド・オーウェン、デヴィッド・バンバーほか。

1902年。
ロンドンの出版社、フレデリック・ウォーン社を訪れた、ビアトリクス・ポター
お友達を主人公にした、おはなしを児童書として出版するため、自ら持ち込んだのでした。

彼女の念願は叶います。
編集者、ノーマン・ウォーンの熱意もあって、お友達が主人公の『ピーターラビットのおはなし』は、ようやく出版されるのですが・・・。

時代背景は、どうなってるのかな?

ビアトリクス・ポターは、上流階級の令嬢でした。
1900年代初頭といえば、まだまだ封建的な世の中。
身分の高い女性が働くなど、もってのほか。
家柄のよい男性と早く結婚するべき、という時代だったようです。

『ミス・ポター』の作中で、彼女が『ピーターラビットのおはなし』を出版したのは、32才。

史実によりますと・・・。
ビアトリクスが結婚したのは、絵本作家として成功し、湖水地方で暮らすようになった、のちのこと。47才頃だったそうです。

『ミス・ポター』が伝えたかったこと。

ビアトリクス・ポターにとって、湖水地方は特別でした。

『ミス・ポター』の作中でも、彼女に何が起こったのか、どうして湖水地方が特別なのか、描写されています。

映画を観るまで、絵本『ピーターラビット』シリーズの、誕生秘話がメインなんだろうな、と思っていました。

ひとりの女性の半生を描いた作品・・・。
どんな恋愛をして、どんな風に暮らしてたのか、巧みに表現されるのかな?
ユアン・マクレガーが共演するんだもんな。

そんな風に思っていたんですが、それだけではありませんでした。

湖水地方との結びつきが主題なのでは、ないでしょうか・・・?

ビアトリクス・ポターにとって湖水地方は、幸せな思い出だけの場所ではないことが、しっかり描かれているのです。

そのうえで、湖水地方での農場経営や、自然保護活動に尽力する姿もありました。

私が、今。
美しい湖水地方を、みることが出来るのは、ビアトリクス・ポターの、ピーターラビットのおかげなのかも知れません。


はろこ

ビアトリクスが描いた、お友達。アニメーションになって動くんです。いたずらしたり、元気をくれたりするんです。