【シザーハンズ】人間関係って難しい・・・。不安を感じたとき、勇気づけてくれた映画です。

初めてお屋敷の外に出た、エドワード。
戸惑いながらも彼は、町の人々との関係を紡いでいくのですが・・・。

その姿は、初めての引っ越しで不安な私を、勇気づけてくれました。

『シザーハンズ』は、こんなお話。

エドワードは、両手がハサミの人造人間です。
長い間、町外れのお屋敷に取り残されたかのように、ひっそりと暮らしていました。

あるとき、化粧品の訪問販売をしているペグが、偶然お屋敷を訪れたことから、彼の世界は一変するのですが・・・。

彼女と一緒に、小高い丘の上から、町へと下りたエドワードを主軸に描かれた物語です。

ペグの優しい心遣いに、ジーンとします。

ペグのイメージは、優雅な肝っ玉お母さんという感じでしょうか。

なんだか少々不気味な、お屋敷。
両手首から先がハサミになっている、エドワード。
彼女は怖いと思いながらも、分からなさになんとか向き合いたい分かりたいと考えてるんじゃないかしら・・・。

エドワードに優しく声をかけて、話を聞きました。
「痛いことはしない」と説明してから、彼の切り傷を手当てします。
ひとりぼっちのエドワードをほっとけなくて、「家にいらっしゃい」と招待しました。

ダイアン・ウィーストが演じるペグは、内面から美しい素敵な女性なのです。

THE BOGGS(ボッグス家)。

ペグのお家の、表札ですね。

アラン・アーキン演じる、一家の主、ビル。
先入観から、「イヤ~な人かな?」と思ってしまったんですが・・・。
理解のある、優しい人でした。よかった。

彼らの息子、ケヴィン。
エドワードに、お兄さん風を吹かせたりもする、ヤンチャなところのある少年です。

私の先入観の根拠は、おそらく第一印象
ボッグス家の男性陣の、初登場シーンは最初の日の、晩ごはんでした。

初対面のエドワードに、ぼう然とする2人。
ケヴィンは(ペグから注意されても)ジロジロ見るのを止められません。

ビルは、「エド」と呼び掛けます。
ペグから「エドワードと呼んで」と言われても、お構い無しでした。

今なら、私にも分かるような気がします。
(エド、には親しみが込められてますし。)

おそらく彼ら、というか町の人々は、よそ者に脅威を感じたんじゃないでしょうか。
エドワードだから、というだけではなくて。
自分達とは少し違う存在に、警戒したんじゃないのかなあ、とも思うのです。

小さな町で暮らす人々。

みんなそれぞれ違いがあって、いろんな人が暮らしていました。

エドワードよりずっと奇妙な人が、彼のことを悪く言う場面もありました。
さまざまな悪意が見え隠れするシーンも、ありました。

もしかしたら、それこそが人間の本質なのかも知れませんね。
残念なことに私だって、その一員に違いないんだろうと思います。

優しい心を持ち続けることは、簡単なことではないからこそ。
失わないよう気を付けなくっちゃ!頑張らなくっちゃ!あらためて勇気づけられました。

『シザーハンズ』は

1990年に作られた アメリカ映画です。
監督は、ティム・バートン。
出演は、ジョニー・デップ、ダイアン・ウィースト、アラン・アーキン、ウィノナ・ライダー、ロバート・オリヴェリ、アンソニー・マイケル・ホール、キャシー・ベイカー、ディック・アンソニー・ウィリアムズ、ヴィンセント・プライスほか。

脚本は、キャロライン・トンプソン。
音楽は、ダニー・エルフマンです。


はろこ

アレン巡査の心配りにも、ジーンとしました。
怖そうにみえて優しい人も、たくさん登場するんです。
みんなの幸せを願いたくなる、切なくて心温まる物語。