1月23日は、電子メールの日。【ユー・ガット・メール】犬猿の仲、だと思ってたのに「メル友」!?

毎日なんらかの記念日だったりしませんか?
1月23日は電子メールの日
重要なアイテムとして、電子メールが印象的な映画と言えば・・・。

『ユー・ガット・メール』は

1998年に作られた、アメリカ映画です。
監督は、ノーラ・エフロン。
出演は、トム・ハンクス、メグ・ライアン、グレッグ・キニア、パーカー・ポージー、ジーン・ステイプルトン、スティーヴ・ザーン、ヘザー・バーンズ、デイヴ・シャペルほか。

脚本は、ノーラ・エフロン、デリア・エフロン。
音楽は、ジョージ・フェントン。
原題は『You’ve Got Mail』です。

キャスリーン・ケリーは、ニューヨークの街角で、小さな絵本専門店を営んでいます。
そう離れていないところに、複合型の大手書店チェーンがオープンしました。
本を商品としか思っていない、御曹司のジョー・フォックスとは、顔を合わせるたびケンカしてばかり。

仕事も恋愛も思うようにいかないキャスリーン。
元気の源は、ハンドルネーム「NY152」との、電子メールのやり取りでした。

その頃ジョーは、ストレスフルな日々を癒してくれる、「Shopgirl」と交わすメールを楽しみにしていて・・・。

最先端のトレンドが、ちりばめられ・・・て、いたんです。

ここまでに。
今ではもう、日常的とは言えない言葉や表現が、いくつあるんでしょうね・・・。
ジェネレーションギャップにションボリするやら、ガッカリするやら・・・。
あ。ジェネレーションギャップという表現も、すでに遣われなくなってるのかな?

ネットで知り合った、見ず知らずの相手だからこそ、何でも言えるのかもしれません。

キャスリーンとジョーは、おそらく相性は良いはずなんです。
価値観こそ違うのかも知れませんが、感覚的なものは似ているような気がします。
たとえば、自然にある何気ない風景を愛でる心境とか・・・。

手紙からメールへ。いずれは・・・。

『ユー・ガット・メール』は、1940年に作られた『街角 桃色の店』リメイク作品でもあります。

基になった映画の主人公が、やり取りしていたのは手紙でした。
いわゆる文通ですね。
ペンフレンドとかペンパルとか、文通友達のことを、こう呼ぶこともありました。

時代の最先端を取り入れるのは、なかなか勇気のいることだなぁ・・・。
おっと、見当違いな感想ですね。

電子メール懐かしいものに変わってしまう日が、いつか来るのかもしれません。


はろこ

『ユー・ガット・メール』を観るたびに。
覚えておきたい思い出、なくならないといいなと思う風景などが頭に浮かんで、心が温かくなったり切なくなったりします。