【グラン・ブルー「オリジナル・バージョン」】フランス初公開版を観て、エンゾのこと・結末など、私なりに考えてみました。

『グラン・ブルー』には、いろんなバージョンが、あるそうですね。

久しぶりに観たから記憶が曖昧なだけ、という可能性も高いのですが・・・。
「あれっ、こんなストーリーだったかな?」と、思いがけない気付きがありました。

『グラン・ブルー「オリジナル・バージョン」』は

1988年に、フランス国内で最初に公開されたものと同じく、フランスとイタリアの合作映画です。
監督は、リュック・ベッソン。
出演は、ジャン=マルク・バール、ジャン・レノ、ロザンナ・アークエット、ポール・シェナー、マルク・デュレ、セルジオ・カステリット、ジャン・ブイーズほか。

カンヌ映画祭で上映されたバージョンでもあり、セリフは、ほとんど英語です。
原題は、『10ans Le Grand Bleu / Version Originale』(1998年に、10周年を記念してリバイバル上映されたから、だそうです。)

118分のものから、168分のものまで。

製作者の、作品に対する愛着があるからこそ、最高傑作だからこそ、「こうだったら? ああだったら?」と、考えられたのかも知れませんね。

『グラン・ブルー「オリジナル・バージョン」』は、132分のものでした。

リュック・ベッソン監督が、「ディレクターズ・カットで、最も愛着があるバージョン」だと、言われたそうです。

私の記憶に残っていたのは、おそらく『グレート・ブルー』です。
1988年に日本で公開された、120分のもの、だと思います。

今回、偶然『グラン・ブルー「オリジナル・バージョン」』を観て・・・。
まるで覚えてない場面、観たことないシーンが、ありました。
「私の記憶力って、こんなに悪いのか」と、ションボリしてたら、いろんなバージョンがあるんだよ、と教えてもらいまして・・・。

解釈が間違っているかも知れませんが、私は こう思いました。

(このあと、核心に触れております。)

エンゾは、どうなったの?

ロレンス博士が、ふたりのそばから離れたとき。
エンゾの時間は、もう止まっていたんだろうな、と思うのです。
エンゾとの会話は、ジャックにしか聞こえていなくて・・・。
エンゾは、ジャックが、いつも見ている風景に、連れてってもらったんだろうなあ、と感じました。

そして、結末ですが・・・。

たくさんの問いかけをするジョアンナに対して、ジャックは見に行くとだけ、たった一言だけ、返事をします。
ジャックが見に行った先にいるのが、家族なんだな・・・と、感じてしまう結末でした。


はろこ

映画の中盤。ジャックがジョアンナに、お財布の中の写真を見せながら、こう言うのです。
「僕の家族だ。こんな家族は、僕にしかいない」
そのあと。嬉しいことや哀しいことを体験して。
ラストシーンで、ジャックの行き着くところが分かったとき、やりきれない気持ちになりました。