【グラン・ブルー「オリジナル・バージョン」】キーポイントは境界。示唆に富んだ、リュック・ベッソン監督の代表作。

ジャック・マイヨールは実在した人物ですね。
映画『グラン・ブルー』はドキュメンタリー作品ではない、のかもしれません。

ジャックエンゾは、実在した人物をモデルにしていますし。
ふたりが出場するインターナショナル・コンペティション・オブ・フリーダイビングは、さながら現実の競技会のようでした。

ノンフィクションじゃない、って分かってるつもりなんですが。
虚構と現実を行ったり来たりしてしまう。

どうしてだか境界という言葉が、頭から離れない映画なのです。

『グラン・ブルー「オリジナル・バージョン」』の、あらすじ。

1965年、ギリシャ。
小さいけれど利発な、ジャック。
頼もしいガキ大将、エンゾ。
お兄ちゃん子で忠実な、ロベルト。
少年たちにとって、忘れられない出来事が起こります。

そして、時は流れ・・・。
1988年、シチリア島。
イタリア人のエンゾは、今やフリーダイビングの世界チャンピオン。
彼は、あるフランス人を探すことにしました。

一方、そのころアンデス山脈では……。

おもな登場人物(役名:俳優名)

ジャック:ジャン=マルク・バール
エンゾ:ジャン・レノ
ジョアンナ:ロザンナ・アークエット
ロベルト:マルク・デュレ
ロレンス博士:ポール・シェナー
ノヴェリ:セルジオ・カステリット
ルイおじさん:ジャン・ブイーズ
ダフィ:グリフィン・ダン

監督の、積年の思いが込められた作品。

リュック・ベッソンのご両親は、スキューバダイビングのインストラクターを、しておられたそうです。
その影響もあってか、イルカに魅せられたからか、海洋生物学者を志していたとか。
ところが、海での事故が原因で、一時はダイビングも出来なくなり、学者の道も断念したそうなのです。

伝説の、天才ダイバーの協力もあり、映画は作られました。

ジャック・マイヨールは、1927年に生まれた、フランスの伝説的なフリーダイバーです。

実在した人物ですが、あくまで映画なので、全てが現実の出来事ではありません。

虚構と現実の境目が分からなくなって、なんだか観ている私の方が、波に揺られているような気分になりました。

事物などを分ける、境目。

どういう訳か分からないのですが・・・。
『グラン・ブルー』を観ていると、あらゆるものの、境界について考えさせられるのです。

海と陸。
友情と愛情。
イルカと人間。
そして、生と死。

これまで、境目がハッキリしている事柄だと、信じて疑いもしませんでした。

それなのに。
そもそも、ハッキリ分けられるものなの?
あれ、どうだっけ?

いったん考え始めると、グラグラ揺さぶられてしまいました。

この映画の、主要な登場人物は3人です。

そのなかでも、あらゆるものの境界の狭間で、たゆたっているのが、ジャックなのでは?という、根拠のない想念が、頭から離れないのです。

『グラン・ブルー「オリジナル・バージョン」』の情報(スタッフやキャストなど)

【監督】リュック・ベッソン
【脚本】リュック・ベッソン、ロバート・ガーランド、マリリン・ゴールディン、ジャック・マイヨール、マルク・ペリエ。
【音楽】エリック・セラ

1988年にフランスで公開された、フランスとイタリアの合作映画です。

【出演】ジャン=マルク・バール、ジャン・レノ、ロザンナ・アークエット、マルク・デュレ、ポール・シェナー、セルジオ・カステリット、ジャン・ブイーズ、グリフィン・ダンほか。


はろこ

ジャックは、「あらゆる境界を取っ払った存在なんだ」と考えると、いろんなことがスーッと納得できるんです。