恋したくなる映画。【エターナル・サンシャイン】一切、はしゃがないジム・キャリーの切ないラブストーリー。

いよいよ近づくバレンタインデー。
映画のなかのさまざまな恋を、ご紹介してきました。

終わってしまった恋の思い出と、その先を描いた作品は、いかがでしょうか。

『エターナル・サンシャイン』は

2004年に作られた、アメリカ映画です。
監督は、ミシェル・ゴンドリー。
出演は、ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、トム・ウィルキンソン、キルスティン・ダンスト、イライジャ・ウッド、マーク・ラファロほか。
脚本は、チャーリー・カウフマン。
音楽は、ジョン・ブライオンです。

2004年のバレンタインデー。
ジョエルは仕事をサボり、モントーク行きの電車に飛び乗ります。
衝動的いつもの僕らしくない行動でした。

今朝の寝覚めが悪かったのと、隣の駐車スペースの人間によるだろう車のキズが原因だ、と考えるジョエル。

彼は知らない女性と目を合わせられないのですが、クレメンタインと名乗る見知らぬ女性偶然言葉を交わして・・・。

複雑な構成のラブストーリーです。

一度みただけでは、少し分かりにくいかも知れません。
できれば最後まで観て、もう一度、冒頭場面に戻ってもらえると、腑に落ちなかった部分や謎がスッキリするかと思います。

ケイト・ウィンスレットが、風変わりで衝動的なクレメンタインを好演しています。

一度みただけだと、かなりブッ飛んでいるクレメンタインですが、それだけではない繊細な女性なんだろうなと感じられて、切なさが倍増しました。

シリアスなジム・キャリーは 目新しい。

『マスク』や『ケーブルガイ』の、ひときわ異彩を放つ役柄から、『トゥルーマン・ショー』のタチの悪い冗談に直面する好青年まで、幅広い演技を見せるジム・キャリー。

どんな作品でも、笑わせてくれる場面があるはずと思いきや『エターナル・サンシャイン』は一味違います。

終わった恋の楽しかった日々を、取り上げられないように、あがいて、もがいて・・・。
がむしゃらに抵抗するジョエルを、シリアスに演じています。


はろこ

たとえケンカのたえない恋だったとしても、これほど「大事にしたい思い出のある」恋だったんだな、なんとかならないのかと、観ている私の心まで、つぶれそうになりました。