【Re:LIFE~リライフ~】人生うまくいかないなぁ、と落ち込んだとき、ドンマイって寄り添ってくれるような映画です。

何をやっても裏目に出て、泣きたくなったこと、ありませんか?

そんな気持ちを紛らせてくれたのは、不器用だけど心優しい人たちでした。

『Re:LIFE~リライフ~』は

2014年に作られた、アメリカ映画です。
監督は、マーク・ローレンス。
出演は、ヒュー・グラント、マリサ・トメイ、J・K・シモンズ、クリス・エリオット、アリソン・ジャネイ、ベラ・ヒースコート、スティーブン・カプランほか。

脚本は、マーク・ローレンス監督。
音楽は、クライド・ローレンス。
原題は、『The Rewrite』です。

若くしてアカデミー賞を受賞した、映画脚本家のキース。
あれから15年。長いスランプに陥って、NGを出される日々の連続です。
ハリウッドから遠く離れた街にある大学で、講師をすることになるのですが・・・。

ヒトゴトとは、思えない。

映画の冒頭。
主人公のキース・マイケルズは、ほんとうにダメダメです。

ヒュー・グラントの巧さが光ると言いますか、この配役はズルいよなぁと言いますか・・・。

キースの態度は、さながら無礼の見本市。
スランプが長引くと、こうまでやさぐれてしまうの?と、問い詰めたくなるほどヒドいんです。

いつだって、やり直せる。

キースは、たくさんの出会いのなかで、大切なものを見つけるのですが・・・。

私なら、ホリーにそばにいてほしいなぁ。

マリサ・トメイが演じるホリーは、働きながら大学に通うシングルマザーです。
「苦労人だから好きなの?」と言われそうですが、私の思う彼女の魅力は、それだけではありません。

前向きで、機転が利いてて、度量が大きくて、なによりキュートなところが、素敵なんです。

選択肢は無限にある、のかも。

もちろん、この映画を観た人の数だけ、いろんな思いがあることでしょう。

この作品にも、キースやホリーだけでなく、魅力あふれる人々が、たくさん登場します。

映画のなかの彼らも、あっちへぶつかり、こっちへぶつかり・・・。
その姿は、(私の)今の状況なんて「なんでもないよ」「大丈夫だよ」と、言ってくれてるような気が、するんです。

いつの間にやら・・・。
「こんなハズじゃなかったのになぁ」と落ち込んでた気分から、
「こんな人たちが、そばにいてくれたら頑張れるかも・・・」と、思えるようになっていました。


はろこ

「人生やり直したい!と思ったら、案外いつでも、やり直しがきくんだよ」
と、背中を押してくれるような、ハートウォーミングな作品です。