気ままに映画エッセイ

【劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-】愛する人から言われてみたい、心ふるえる名言あります。

考えてみると、両思いって奇跡みたいなものですね。
愛する人が、愛してくれる。
なんて幸せなのでしょう。

紆余曲折を経て、束の間の幸せを手にしようとする二人。

彼の言葉やまなざしは、心に響くものでした。


劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の、冒頭のあらすじ。

2017年12月10日(日)。
翔陽大学付属北部病院は、その日も慌ただしい一日でした。

脳外科では、トロント医科大学との合同ライブデモンストレーション
脳外科部長の西条は、記念講堂で見守ってます。

ヘリポートでは、ドクターヘリ体験デー
小学生に翻弄される、藤川
寒空の下、サポート役を務める、緋山冴島

フェローたちは、災害医療の講習会。
白石は、その講師です。

そのさなか、成田空港消防指令室よりドクターヘリ要請が。
航空機が乱気流に巻き込まれ、機内で傷病者が多数発生。
すでに成田空港へ引き返し、着陸態勢に入っているとのことでした。

の意を受けて、白石と灰谷が出動します。
冴島とヘリポートで合流した一行は、成田空港に到着。

現場指揮本部の指示に従い、傷病者のもとへ駆けつけますが……。

重症者の手の甲に、優先順位負傷した部位と思われる書き込みがあり。
機内から、女性を抱えて降りてくる人物が……。

大勢の登場人物。今回クローズアップしたのは、こちら。

白石恵(新垣結衣)・緋山美帆子(戸田恵梨香)・冴島はるか(比嘉愛未)。
この3人の間柄、ほんとうに好きです。

ほかにも大勢、個性豊かなキャラクターが揃ってますね。

翔北救命センターの部長、橘啓輔(椎名桔平)。
フライトドクターの、藤川一男(浅利陽介)。
フェローの、灰谷俊平(成田凌)。

そして。彼らしい登場をする、藍沢耕作(山下智久)。

紹介しきれないほどの豪華なキャストです。
今回、注目したのはこの二人

決意を新たにした元婚約者、岩田彰生。

ブライダルチェックでがんが見つかった彼女から、逃げ出してしまった岩田さん。

そのシーンが描かれなくて、ホントに良かった。
目の当たりにしてしまったら、岩田さんのこと、好きになれなかったかもしれません。

彼に連絡したのは、彼女のご両親かな。
翔北救命救急センターに、面会に来た岩田さん。誠実そうに見えました。

岩田さんとの思い出を語る、彼女の表情が印象的だからかも。

搬送先で心を救われた傷病者、富澤未知。

乱気流に巻き込まれた航空機、スカイベトナム531便の乗客です。
胸部外傷による肺挫傷及び気道内出血のため、翔北救命センターに搬送されました。

フライトドクターの診断は的確でしたが、この作品は医療ドラマ
すでに彼女は、悲劇のまっただなかにいたのです。

富澤未知を演じたのは、山谷花純さん。
彼女は頭を丸刈りにして、難役に挑んだそうです。

涙をこらえ、考えをまとめる岩田さん。新田真剣佑さんの好演に、もらい泣きしそうでした。

車椅子の彼女を見上げるように、姿勢を低くする岩田さん。

涙をこらえて、目を伏せて。
考えをまとめるように。
伝える言葉を探すように。

それから、ゆっくり彼女を見つめて、こう言いました。

「俺は、好きと言いたくなる君がいて、もっと、もっと幸せだよ。」

岩田さんのにも眼差しにも、伝えきれないほどの想いが込められているよう。

瞳いっぱいに涙をためて、笑って見せる真剣佑さん。
心がふるえる名場面です。

『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の、スタッフ・キャスト・製作年など。

【出演】山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介、成田凌、新田真剣佑、山谷花純、丸山智己、杉本哲太、安藤政信、椎名桔平ほか。

【監督】西浦正記
【脚本】安達奈緒子
【音楽】佐藤直紀
【主題歌】Mr. Children「HANABI」
【製作年・国】2018年、日本。

はろこ

思いを言葉にして伝える。
これが、テーマのひとつなのでしょうね。
結婚式の、誓いの言葉。
それぞれ気持ちがこもってました。
富澤さんとゼクシィ。人の意表に出る、名場面のひとつだと思います。