この映画にも出てました【ハッピーフライト】クールな管制官を演じる、江口のりこ。

江口のりこさんが、英語まじりで話す役をこなしてらっしゃるの、大好きなんです。

ただいま放送中のドラマ『これは経費で落ちません!』。
最終回に近づくにつれ、ますます面白くなってますね。
どうなるのかな。
ワクワクが止まりません。

江口のりこさんが熱演されてる、麻吹美華
彼女は、中途入社して経理部に配属された、個性強めな人ですね。
ちょいちょい会話に英語がまじるんだけど、言い方も表情も、めっちゃキュートで面白い。

麻吹さんを見てたら、別の映画が頭に浮かんで、そちらも観たくなっちゃいました。


ハッピーフライト

『ハッピーフライト』をザックリご紹介。

今日も羽田空港は、数多くの人たちで混雑していました。
利用客や航空ファン。
そこで働く大勢の人々。
白い鳥も飛んでますね。

飛行機が、定刻通りに離発着する。
毎日何度も繰り返されているけれど、毎回スリリングでドラマチックだったのです。

たとえば、羽田発ホノルル行、1980便。
乗客乗員あわせて300名以上を乗せた旅客機です。
ちょっぴりゴタゴタしたものの、なんとか無事に飛び立った……ように思えたのですが。

ちょっぴりどころか、とんでもないトラブルを、山ほど乗っけておりました。

気になる登場人物は……。

パイロットやキャビンアテンダント。
グランドスタッフに航空整備士。
管制官、ディスパッチャー……。

空港を舞台にした映画『ハッピーフライト』。
さまざまな職種の人が登場します。

管制官の頼子さん

私は、自分に足りないものを持ってる方に、めちゃんこ惹かれてしまうんです。

コントロールタワーの管制官、頼子さんたたずまいというか、雰囲気が素晴らしい。

頭の回転の速さは、もちろん。
頼子さんは背が高いだけじゃなく。
姿勢が良いからかな。
背筋がすっと伸びていて、カッコいいんです。

彼女が放ったセリフも絶妙でした。

「あの格好どうなの?オールニッポン123。タクシー、バイア、エコー、5アウター」

カタカナの部分は、流れるような英語です。
手早くスイッチ切りかえて、航空機に指示を与えたんだと思われます。

「あの格好どうなの?」は、ラフな服装で出勤してきた、同僚に対するご意見ですね。

これ、文字で読むと面白さが伝わらないな。
江口のりこさん、ごめんなさい。

間の取り方というか、言い回しが最高だったんです。
このあと、「コンタクト」ってセリフをおっしゃるんだけど。
もう、どストライクでございました。

まるで実在してるみたい

『ハッピーフライト』の頼子さんも、麻吹美華さんも、江口のりこさんです。

両方とも同じ人が演じてるのに。
頼子さんは、まさに管制官だなぁって思えました。

こんがらがった難問も、サッサッサーって解くような。
勘どころを心得てるような、メリハリの利いた感じが、実に心地よいのです。

彼女の登場シーンは、決して多くありません。
だけど、存在感は抜群でした。

『ハッピーフライト』は、2008年に公開された、日本映画です。

【監督・脚本】矢口史靖
【出演】田辺誠一、時任三郎、綾瀬はるか、吹石一恵、寺島しのぶ、田畑智子、平岩紙、田中哲司、森岡龍、岸部一徳、肘井美佳、長谷川朝晴、竹井亮介、江口のりこ、小日向文世、竹中直人、柄本明ほか。

はろこ

江口のりこさんの、印象に残る出演作といえば『ジョゼと虎と魚たち』もありますね。
体当たりの演技にも圧倒される、忘れられない映画の一つ。
英語まじりのセリフはなかった、はず……ですので。
また改めて語りたいと思います。