【不便な便利屋 2016 初雪】レギュラーキャスト再集結。常識破りな仕掛けに再挑戦。

北海道を舞台に、そこで暮らす人々と、そこへ迷い込んだ青年。

彼らを温かく、時には少々こっぴどく、コメディタッチに描いた、テレビドラマ『不便な便利屋』はご覧になりましたか。

その続編のスペシャルドラマも、ドタバタと、そして心温まる作品でした。

『不便な便利屋 2016 初雪』は

2016年に放送された、テレビドラマです。
監督は、鈴井貴之。
出演は、岡田将生、遠藤憲一、鈴木浩介、飯豊まりえ、森山栄治、田中要次、森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真ほか。

音楽は、吉俣良。
オープニングテーマは、ストレイテナーの『The Place Has No Name』。
エンディングテーマは、スピッツの『雪風』。

2015年の春、全12話の連続テレビドラマとして放送された、『不便な便利屋』。

その翌年。2016年の年の瀬に、スペシャルドラマとなって、帰ってきました。

『不便な便利屋』最終話。
それまでの諸々の問題も、なんだかんだで大団円を迎え、東京に戻った竹山純

彼が再び、北海道の名も無き田舎町に、やってきました・・・。

やっぱり勘違いが勘違いを呼び、大騒動。

創造力が豊かすぎる主人公、脚本家の竹山純を岡田将生が、
名も無き町で、便利屋を営む松井英夫を鈴木浩介が、
その便利屋を手伝っている、バツさんこと梅本聡一を遠藤憲一が、演じています。

今回も、純くんの発想は奇妙きてれつで、暴走に次ぐ大暴走。

町おこしのための、企画に奔走中の人々を巻き込んで、やっぱり大騒動、からの大混乱。

ショートフィルムを制作します!

想像力が豊かな事は、優れた脚本家の証、でもありますね。

東京に戻ってから、バリバリ仕事をこなしていた純くん。
ところが、失恋のショックで、脚本の執筆どころでは、なくなってしまいます。

市役所から頼まれていた、ショートフィルムの脚本も真っ白け
傷心のまま、町を訪れた彼は・・・。

札幌国際短編映画祭に正式出品するショートフィルムの制作に、町をあげての奮闘が始まります。

この作品の、監督・脚本の鈴井貴之さんと言えば、バラエティ番組『水曜どうでしょう』を思い浮かべる方も、多いのではないでしょうか。
企画・出演(+くじ引き系・お饅頭系は鬼門)のミスターさん

今回も、その企画力を、いかんなく発揮しておられます。

おなじみの勘違いしたオトナ達や、はじめましての登場人物が、どんな無理難題に右往左往するのか・・・。


はろこ

ネタバレになりそうなので、いったん一区切りさせて下さいね。