【メッセージ】イアンにも「この先の人生が見え」てるの?

見終わったあと、とりとめもないこと考えちゃう映画って好きなんです。
もちろん『メッセージ』も、そのひとつ。

イアンは「彼らの言語で夢を見る」のかな?

イアン・ドネリー博士を演じた、ジェレミー・レナーの表情も絶妙でしたね。
いろいろ解釈できるので、何度も繰り返してみてしまう。

今回は、イアンも「この先の人生が見え」るのか?
あれこれ気ままに考察しました。

なるべくボヤカしたのですが、かなりネタバレしております。ご注意くださいませ。


メッセージ (字幕版)

ハンナの言葉を変えられないかな。

ハンナという名の、女の子。
超重要な登場人物ですね。
彼女のセリフを聞いた私、どうしようもなく切ない気持ちになってしまう。

「ママも私を捨てるの?」
「でもパパ……何か変なの……」

どんな思いで、言葉にしたのか。
心が痛みます。
これ、何とかならないかしら。

ラストシーンで、イアンに問いかけるルイーズ。
彼らの会話に、望みを託していいですか?

「この先の人生が見えたら……選択を変える?」

ルイーズの、このひとこと
質問でもあり、自問でもあるんだろうな。

私、イアンは見えるようになったって思います。
むしろ見えてほしいと願っちゃう。
だって彼、こんなこと言ってましたよね。

「僕が主導してたら、変なこと言って、ヘプタポッドを怒らせてたかも……。だから独身」

映画の中盤、イアンがルイーズに向けたセリフです。
穏やかな表情で、柔らかく笑いながら。
あのタイミングで、この会話。

ほかにもたくさん、重要な言葉を交わしてました。
要チェックな名場面でございます。

一番のネックは、壁でしょうか。

イアンはに触れてません。
彼らと壁越しに会ってます。

ラストシーンの問いかけに、イエスともノーとも答えませんでしたね。

見えてても、見えてなくても、きっと安らげるはず。

何度も繰り返して観てしまう。
そのたびに新しい発見があるんですよね。

イアンに「この先の人生が見え」てる場面は、まだ見つかりません。

何回みても、いろんな解釈ができる映画です。

『メッセージ』は

2016年に作られた、アメリカ映画です。

【監督】ドゥニ・ヴィルヌーヴ
【出演】エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、マイケル・スタールバーグ、マーク・オブライエンほか。

【脚本】エリック・ハイセラー
【原作】テッド・チャンの小説「あなたの人生の物語」


はろこ

ルイーズの質問に対する、イアンの返答が素晴らしいんです。
イエスかノーかで、済ませたりしません。
心ときめく、すてきな言葉。
あらためて熱く語りたいと思います。
ハンナの言葉が変わってくれたら嬉しいな。