【スター・トレック】最新鋭フラッグシップに、続々と集結する場面、ワクワクが止まりません。

J・J・エイブラムスが監督した、この作品。
個性的な登場人物の魅力を、ふんだんに描いていることも、数ある見所のひとつです。

『スター・トレック』は

2009年に作られた、アメリカ映画です。
監督は、J・J・エイブラムス。
出演は、クリス・パイン、ザカリー・クイント、カール・アーバン、ゾーイ・サルダナ、サイモン・ペグ、ジョン・チョー、アントン・イェルチン、ブルース・グリーンウッド、クリス・ヘムズワース、ウィノナ・ライダー、ディープ・ロイ、エリック・バナ、レナード・ニモイほか。

脚本は、ロベルト・オーチー、アレックス・カーツマン。
音楽は、マイケル・ジアッキーノです。

連邦宇宙艦USSケルヴィンが、謎の宇宙艦から攻撃されて、数年が経ちました。
物語の舞台は、いったん地球に戻ります。

惑星連邦に、バルカン星から救難信号が届きました。
折悪しく主力艦隊は、別の星系で任務中。
宇宙艦隊は、士官候補生を召集して、救援に向かいますが・・・。

宇宙からアイオワへ。

ジムは、一言でいうと、ヤンチャな子です。
ちっちゃい頃は、アンティークカーでスピード違反。
お巡りさんに追いかけられた挙げ句、車だけ谷底へ。

数年のち。
バーで、宇宙艦隊アカデミーの学生と大ゲンカ。
成長しても、ヤンチャっぷりは健在です。

仲裁に入ったパイク船長は、USSケルヴィンについて、論文を書いていました。
ジムに、宇宙艦隊に志願するよう諭します。

ヤンチャな子の名前は、
ジェームズ・タイベリアス・カーク

USSケルヴィンに残り、最後まで戦った、ジョージ・カークの息子でした。

アイオワからバルカンへ。

スポックは、賢くて、強い子です。
弁が立つところも気に入らないのか、同年代から嫌がらせをされています。
親の悪口を言われた時は、結構な腕っぷしで反撃するんです。

完璧なバルカン人になるために、感情を支配して、常に論理的でと言い聞かせながら、成長しました。

そして。いよいよ、あの船が登場します。

月日は流れ、偶然の出逢いが重なり・・・。
いよいよUSSエンタープライズの登場です。

バルカン星からの、緊急救助要請を受けた、惑星連邦。
直ちに、救援に向かう準備を整えます。

天才的知能を持った問題児、ジム。
異星言語学専攻の才色兼備で、鋭い聴覚と雄弁さを持つ通信士官、ウフーラ。
人を見抜く目と、やる気にさせる言葉を持つ船長、パイク。
離婚で身ぐるみ剥がれて、骨だけだった、情に篤い医療士官、ボーンズ。
アカデミーで最も優秀な卒業生で、聡明で論理的な中佐、スポック。
腕に覚えありな操舵士、ヒカル。
ロシアの天才くん、チェコフ。
等々・・・。

出航式をしないまま発進する、最新鋭フラッグシップ。
USSエンタープライズに、続々と集結していく場面、ワクワクしっぱなしなんです。


はろこ

『スター・トレック』の後、
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』、
『スター・トレック BEYOND』とシリーズは続きます。
しばらくの間、ワクワクできそうです!