【ブリジット・ジョーンズの日記】トナカイ柄のアグリー・クリスマス・セーター。意外にお似合いでしたね、マーク・ダーシー。

クリスマスが、ストーリーの重要なスパイスになっている映画も、たくさんありますね。

記憶に残るクリスマス、が登場する映画と言えば・・・。

『ブリジット・ジョーンズの日記』は

2001年に作られた、イギリスとアメリカとフランスの合作映画です。
監督は、シャロン・マグワイヤ。
出演は、レネー・ゼルウィガー、コリン・ファース、ヒュー・グラント、ジム・ブロードベント、ジェマ・ジョーンズ、シャーリー・ヘンダーソン、サリー・フィリップス、ジェームズ・キャリス、エンベス・デイヴィッツほか。

原作は、ヘレン・フィールディングの小説『ブリジット・ジョーンズの日記』。
脚本は、リチャード・カーティス、アンドリュー・デイヴィス、ヘレン・フィールディング。
音楽は、パトリック・ドイルです。

「すべての発端は、独身歴32年目で迎えた、お正月だった」

ブリジット・ジョーンズは、ロンドンで独り暮らしをしています。
最高の楽しみは、気の合う友人と飲んで騒ぐこと。

彼女は新年早々、とびっきりひどいスタートを切ってしまいます・・・。

新年恒例、ターキーカレー・パーティー。

これが、すべての発端でしたね。
ブリジットは、久しぶりにマーク・ダーシーと、再会します。

マークは、超一流の弁護士で、お金持ちで、離婚したばかりでした。

2人は幼い頃に、仲良く遊んだことがあるらしいのですが、ブリジットはあんまり覚えてないみたいで・・・。
一方、彼女の母は、娘を結婚させようとしゃかりきです。

アグリー・クリスマス・セーター

ド派手で過剰な柄の方が、よりイケてるとされる、ださカッコいい手編みのセーター
トナカイ柄だったり、スノーマン柄だったり・・・。
これを、クリスマスプレゼントにするのが、一種のトレンドなんですね。

ホームパーティーで、ブリジットとマークが再会したとき。

振り返った彼は、スマートでカッコいいんですが・・・。
身に着けているトナカイのセーターが、あまりにも衝撃的、いえ、お似合・・・。

ええと、インパクトが大きいので、ターキーカレー・パーティーは、クリスマスかと勘違いしてしまうんですが、年が明けたあとでした。

優しいところが、よく似てる2人。

もちろん、純粋な気持ちから、手編みのセーターをプレゼントなさる方も、たくさんいらっしゃいます。

おそらく、ですが・・・。
マークは、クリスマスに贈られたセーターを、無下に断る訳にもいかなくて、しかたなく着たんじゃないでしょうか?

マークの、大切に想う相手には反抗できない、誠実な性格を表現してるのかな、とも思うのです。

ブリジットは、マークのセーターをみて、口にこそ出しませんが、散々バカにします。
だけど、その時、彼女が着ていたのは、母の用意したカーペットみたいな服でした。
ブリジットも、断れなかったんだろうなぁ。

新年早々の出来事から、その前のクリスマスを想像させてくれる、とても素敵な作品です。


はろこ

このあと。
『高慢と偏見』が好きな私にとって、嬉しくなるシーンが続くんですが・・・。
またの機会に改められたら、と思います。