【アゲイン 28年目の甲子園】一球人魂?一球入魂に込められた思い。太賀演じる、松川典夫の人生を思うと泣けてくる。

「チームのムードメーカーっていうか、楽しいやつ」で・・・。
28年経っても、かつての仲間からノリと呼ばれ、「ひとことで言えば、アホだったな」と評される松川典夫

笑顔の素敵な人に、悪い人はいないんじゃないかなあ・・・。

つい、そんなことを考えてしまうような魅力あふれる人物も、登場する映画です。

『アゲイン 28年目の甲子園』とは?

ある事情により、夏の甲子園出場をかけた県大会の決勝戦を、辞退せざるを得なかった、川越学院高校野球部

あれから28年が経ち。
不思議な巡り合わせから、マスターズ甲子園を目指すことになる、大人たちの青春を描いた作品です。

松川典夫って、何者なの?

映画の冒頭から登場する、松川典夫。
でも、それらは全て回想シーンでした。

屈託のない笑い声。
年賀状に書かれた文字(一球入魂)
詳しい説明もないのに、なぜか忘れがたい場面なんです。

一球人魂(いっきゅう ひとだま)。

主要な登場人物のひとり戸沢美枝
当時、小学生だった彼女は、年賀状を書いてる父の向かいで、漫画を読んでいました。

「ねえ、お父さん。一球ヒトダマって、何?」

彼女は、ホラー漫画が好きだったんです。

いつも作ったような笑顔を浮かべるだけだった父。
戸沢美枝が、父の爆笑する声を聞いた、唯一の思い出でした。

主人公、坂町晴彦とノリの関係は?

この映画の主な舞台は、2012年の関東地方。
主人公坂町晴彦の実家は、埼玉県にあるんです。
彼の母校は川越学院高校
野球部のキャプテンを務めていました。

いわゆる強豪校の川越学院野球部は全寮制
家庭の味が恋しくなると、実家が遠い部員は、近い部員の家に行って、一緒にゴハンを食べたりしてたそうです。

松川典夫の実家は、東北にありました。

学生時代、ノリは何度か坂町キャプテンの家を訪れていたんです。

一人だった、松川典夫。

平成24年の秋。
坂町晴彦を訪ねて来た、戸沢美枝。
少々強引にも思える彼女は、初対面にもかかわらず、身の上話を切り出しました。

「私は、松川典夫の娘なんです」

漁師だった彼は、地元の消防団員でもあり、あの日は避難誘導の車に乗っていて、津波から逃げ切れなかったのでした。

戸沢美枝って、誰なの?

彼女は、神戸大学の学生です。
マスターズ甲子園は、神戸大学の准教授が始めたことなんだそう。
美枝は、たまたまその先生のゼミを取って、去年からボランティアで手伝うようになりました。

知らなかったなあ。
マスターズ甲子園のことも、その発祥が大学だったことも・・・。

戸沢美枝の両親は、彼女が10才の時、離婚。
以来、父とは一緒に住んでいなかったと言います。
だから、父は、一人だったんですと。

何も知らなかった彼女が、マスターズ甲子園に関わることで、疎遠だった父に我知らず近づいていて・・・

戸沢美枝も、独特の個性を持っています。
彼女のことを、私は十分理解できてるのか。
正直、自信はありませんが・・・。
説得力のある、みんなを結びつけるきっかけになる人物だということは、間違いありません。

太賀さんの表現力が、堪能できますよ!

松川典夫の人となりについて、長すぎるくらい書いてしまいましたが・・・。

彼の描写は、おおむね伝聞なんです。

ノリの登場シーンは、それほど多い訳ではありません。

実際、わずかな時間なんですが・・・。
笑って、泣いて、苦しんで、慈しむ。
人間のあらゆる感情を、全てさらけ出したような、松川典夫という人物。

彼を演じた太賀さんが、圧巻でした。

シュワッチ!

ノリはチームのムードメーカー。
愛されキャラだったんです。

シュワッチ言うときの仕草が、なんとも微笑ましい。
ノリの笑顔を見てると、ミスったって何だってオッケー、どんまいって気持ちになりました。

彼のシュワッチで、チームメイトに笑顔が戻る。
心温まる、いい場面なんです。

いつも朗らかだったノリと、笑顔を作るだけだったという松川典夫。

太賀さんの演じるノリは、高校生から(美枝が小学生だった)30代前半もしくは半ば頃までじゃないかな?と思います。

高校時代のノリは、喜怒哀楽がハッキリしてて、それでいて聡明なところもある男の子でした。

大人になった松川典夫は、どこか淋しそうで、穏やかな男性に見えました。

ホントに野球部OBが言うような、ヒドイ人だったのかなあ・・・?

野球する姿も、こなれてます。

坂町キャプテンの世代。
川越学院野球部史上、かなりの強豪だったようですね。

現在、母校でコーチをしている、後輩OBの大出くん。
熱のこもった指導には、目を見張るものがあるんですが・・・。
「僕もね。甲子園の土は踏んだ事ないですからね」と言ってますし。

坂町キャプテンやノリの同学年、エースピッチャーの高橋くん。

「あれがなかったら、俺はプロに入れたかもしれないんだよ、今の人生、変わってたかも、しれないの!」

と、今でも未練に思ってるんです。
そのくらい、実力のある強いチームだったって事なのでしょうね。

高校時代、どうやらノリはレギュラーではなかったみたい。
それでも野球してるシーンは、それはもう、堂に入ったものでした。

あのとき外野で、はにかんだように笑う彼をみた私は、鼻の奥がツンとしてしまいました。

この映画は、癒えない傷を抱えた人々を描いた、ハートウォーミングな作品でもあり。
28年前の真実つまびらかにする、ミステリー作品でもあるんですね。

『アゲイン 28年目の甲子園』は

2015年に公開された、日本映画です。
監督・脚本は、大森寿美男。
出演は、中井貴一、波瑠、柳葉敏郎、和久井映見、村木仁、浜田学、西岡徳馬、門脇麦、太賀、堀内敬子、安田顕、工藤阿須加、高橋慶彦ほか。

原作は、重松清の小説『アゲイン』。
音楽は、梁邦彦。
主題歌は、浜田省吾の『夢の続き』です。


はろこ

エンディング。
浜田省吾さんの歌は心に染みるなあ、なんて思ってたんですが・・・。
高橋慶彦さんのお名前を見つけて、慌てて巻き戻しボタンを押しました。