名言も印象的な映画。【偽りの忠誠 ナチスが愛した女】未来ある若者に贈りたい言葉。


偽りの忠誠 ナチスが愛した女(字幕版)

選択を誤るな。未来を恐れず、今を楽しめ。大事なことだ。

この言葉が登場するのは、映画の中盤です。
前後の脈絡もなく、この部分だけ切り取ってしまうのは、よくないかもしれませんね。

これは、クリストファー・プラマーが演じたヴィルヘルム2世のセリフ(の一部分)なんです。

恋に、仕事に、人生に。「巻き返しをはかる!」あなたの背中を押してくれるに違いない名言。

退位して、他国へ亡命した元皇帝は、メイドのミーカに話します。

昔、おじから思いやりのないことを言われて、心の中で罵ったこと。
おじに恥をかかせたかったけど、惜しくも間に合わなかったこと。

初恋の相手は絶世の美女だったこと。
プロポーズしたけど断られたこと。

「私の求婚を断った罰だ」と思ったよ。

こう言って笑うんですけど、年老いた元皇帝、ちっとも楽しそうには見えません。
むしろ、遠い過去を懐かしんでるようにも思える。
そんな表情を浮かべたあと、こう続けます。

「さて・・・。言いたいのは・・・、選択を誤るな。
未来を恐れず・・・、今を楽しめ。
・・・大事なことだ。」

くるくる変わる表情も、とても印象深いんです。

それほど長いシーンじゃないけど、ヴィルヘルム2世の喜怒哀楽あふれる姿に、目を奪われてしまいます。

楽しそうに笑ったり、底意地悪そうにニンマリしたり。
かと思えば。厳しくもあり、穏やかでもあり、何かを悔いてもいるようで。
人を見下してるような素振りをしつつも、あたたかみのある表情で、真っ直ぐ相手の目を見て語る。

歴史上、無能な指導者だと伝えられてる人物は、たくさんいますね。
この映画を観るまで、ドイツ最後の皇帝のこと、詳しく知りませんでした。

映画のなかのヴィルヘルム2世には、重みのある、心に残る名言が、他にもたくさんありました。

『偽りの忠誠 ナチスが愛した女』は

2016年に作られた、イギリスとアメリカの合作映画です。
【監督】デヴィッド・ルヴォー。
【出演】リリー・ジェームズ、ジェイ・コートニー、クリストファー・プラマー、ベン・ダニエルズ、エディ・マーサンほか。

【原題】THE EXCEPTION
【脚本】サイモン・バーク。


はろこ

クリストファー・プラマーの声は、耳にスッと入ってくるような心地よさがありますね。私の英語力では、すべて聞き取ることはできなくて、とっても残念。
今回は、日本語字幕を引用させていただきました。
いつの日か、字幕ナシでも理解できるよう、がんばるぞ。
「EXCEPTION」は、異端とか例外とか、でしょうか。
原題もしくは直訳の方が、しっくりくるような気もします。
そう感じた理由など、また改められましたら・・・。