星野源が声優で出演したおすすめアニメ映画3選!

俳優に、音楽に、執筆に、大活躍の星野源さんが声優で出演した、おすすめのアニメ映画3作品を紹介します!

恋する大学生役|恋愛ファンタジー『夜は短し歩けよ乙女』

京都に住んでる大学生が、片想いしてる後輩との、恋愛成就に奔走する物語がメインです。

星野源さんが演じたのは、名前は明かされませんが主人公の先輩です。
後輩の黒髪の乙女に秘めた恋心を抱いています。

とは言うものの、爽やかとか甘ずっぱいとか、キラキラした恋物語ではありません。


夜は短し歩けよ乙女

普段の声より太めかな?

源さんが演じたのは、先輩ですね。
名前は明かされませんが、主人公。
黒髪の乙女に秘めた恋心を抱いています。

先輩の想いがあまりにも密かすぎるのでしょうか?
彼女には全く伝わってないようですね。

先輩の、いつ息継ぎしてるの?って心配になる、長ゼリフも印象的。
言ってる内容が、なんともユニークと申しますか、独特と言うか残念と言うか……。

いつもより野太い声で、明らかに怪しい青年を、時としてハイテンションに演じきる。
星野源さんの熱演に、いつしか先輩の恋を応援してしまう作品です。

はろこ

原作は、森見登美彦さんの同名ベストセラー小説です。
公開 2017年
監督 湯浅政明
声の出演 星野源、花澤香菜、神谷浩史、中井和哉、甲斐田裕子、山路和弘、麦人ほか

『聖☆おにいさん』


聖☆おにいさん

実写化もされている、中村光のギャグ漫画のアニメ版。

天界からバカンスに来た、イエスブッダ
聖人の二人が、日本の四季をゆる~く楽しむ日常を描いたコメディです。

まろやかで、やすらかな声。

星野源さんが演じたのは、ブッダ。
なにしろ仏様です。
円満で、なごやかな雰囲気で、ほっこりとした気持ちになれました。

それでいて、やりくりや家事について厳しいところ、近所の小学生とのやり取り……。

ほのぼのしたり切なくなったり、心のデトックスにもなるような、優しくなれる作品です。

『聖☆おにいさん』は

【公開】2013年
【監督】高雄統子
【声の出演】森山未來、星野源ほか。

『未来のミライ』


未来のミライ

昨晩、映画『未来のミライ』がテレビ放送されましたね。

2018年7月の劇場公開時、そうそうたるキャストについても話題になりました。

おとうさんを演じたのは、星野源さん。
穏やかで柔らかな声が素敵なんです。

『未来のミライ』の源さんにも、惹きつけられてしまうのですが。
こちらの2作も、また違った魅力がありますね。

細田守監督によるオリジナル作品

きょうだい家族について、いろんな角度から深く考えることのできる作品ですね。
家族のかたちは様々で、あたりまえや常識なんて、もうドコにもないのかもしれません。

おとうさんのラストシーン

これまでを振り返るおとうさん
なんてカッコイイんでしょう。
茶目っ気と頼もしさのバランスが、とても素敵でした。

『未来のミライ』は

【公開】2018年
【監督】細田守
【声の出演】上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、福山雅治ほか。


はろこ

星野源さんは『ちえりとチェリー』にも出演なさってるんですね。