【小さいおうち】その時代を知らないのに、なぜか懐かしさを感じてしまう、不思議で素敵な映画。

平成と昭和。
2つの時代が描かれています。

あの頃をノスタルジックに描写することで、秘められた核心がより際立つ、巧みな作品でもありました。

『小さいおうち』は

2014年に公開された、日本映画です。
監督は、山田洋次。
出演は、松たか子、黒木華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、中嶋朋子、室井滋、橋爪功、吉行和子、倍賞千恵子、米倉斉加年、妻夫木聡、小林稔侍、夏川結衣、木村文乃ほか。

原作は、中島京子の直木賞受賞作『小さいおうち』。
脚本は、平松恵美子と山田洋次監督が、共同執筆しました。

布宮タキは亡くなる際、大甥にあたる荒井健史に、いくつか遺します。
タキの秘められた思い出が記された自叙伝も、そのひとつでした。

時は、昭和のはじめ頃まで戻ります。
タキは、東北から上京して、女中奉公に上がりました。
時子奥さまは聡明で美しく、タキにも優しく接してくれます。
モダンな赤い屋根の、小さいおうちでの毎日は、忙しく大変ではありますが、穏やかに流れていきました。

ある日のこと。
旦那さまの会社の新入社員で、芸大を卒業した板倉という青年が、小さいおうちへやって来て・・・。

ノスタルジーが、あふれています。

タキが上京したのは、昭和初期。
動乱の時代が、すぐそこまで迫っています。
けれども自叙伝には、郷愁を誘う、甘く切ない想いがあふれていました。
晩年のタキを演じたのは、倍賞千恵子です。

若かりし頃のタキは、黒木華が演じました。彼女の魅力のひとつは、ノスタルジックな印象ではないでしょうか。
古風な雰囲気なんて、簡単に出せるものでもなさそうなんですが・・・。
彼女の演じるタキには、昭和を感じます。

私も昭和初期のことは、よく分からないのですが・・・。
映画のなかの建物や調度品など(当時を知らないのに)「懐かしいなあ」と、感傷的になってしまいました。

細かい設定も秀逸なのです。

時子奥さまの愛読書は『風と共に去りぬ』。
1936年に、アメリカで出版されました。
和暦でいうと昭和11年。タキが上京した頃になります。

西洋風のモダンな建物の、平井家。
母のように姉のように、優しく導いてくれる時子。
ボクトツな好青年であり、ハイセンスな趣味を持つ、板倉正治。

タキの環境が、どんなに激変したのか、どれほどの影響力だったのかを思うと、ツラい恋の物語なのかな・・・と、ついつい緊張してしまう、実に巧みな作品です。


はろこ

着地点は、私の想像をはるかに超えたところにありました。